フォト
無料ブログはココログ

2018年7月 2日 (月)

小椋佳 歌談の会

小椋佳 歌談の会コンサートに行ってきました。(奈良県文化会館国際ホール)




本来3月17日の予定でしたが、直前に小椋さんが体調をくずされ(声がでなくなった・・)

7月1日に延期されたコンサート。

Dsc_0653




終戦後すぐの時代に生を受け、混乱の世の中を生き、東大を卒業後は一流銀行へ就職。

海外勤務も経験されその後この世界に♪



数々の曲を生みだし、

楽曲を提供された布施明のシクラメンの香りや、美空ひばりの愛燦燦など、

歌い継がれる昭和の名曲の数々。



さすがに御年74歳となられ、声のハリなどに衰えがかんじるものの、

個性ある“小椋トーン”は健在。



そしてなんといっても曲間のトークが、じつに味わい深い内容。




2014年に生前葬を済まされ、人生のキリをつけられての今、

肩ひじ張らず訥々と話される言葉ひとつひとつに、趣そして説得力がありました。



来年は5周忌のコンサート。



機会があればまたぜひお目に、そしてお耳にかかりたいです。

2018年6月25日 (月)

桂 文珍 独演会

奈良県橿原文化会館大ホールでの独演会。


Dsc_0644




文珍師匠は、

デビュー当時ヤングオーオーの本物は誰だコーナー(いつもニセ者役)以降、

同時代を歩まれてきたということもあり、お話の内容にも親しみがあります。



御年70歳になられた師匠の魅力と人気の秘密は、




まず、場の空気と人の“気”を読むのがうまく、




そして瞬時に“今”どんな言葉が相手に興味をもっておもしろく聞いてもらえるのかという

コミュニケーション能力に長けた方。


笑福亭鶴瓶師匠も、この点では良く似ておられる思います。




聴衆の年齢層はかなり高かったですが、

二時間半の高座、ゆったりとした気分で楽しませていただきました。

2018年6月23日 (土)

空飛ぶタイヤ

町の社長が巨大組織の内部に切り込む。




お互いの立場で、最も守るべきものは・・・?

http://soratobu-movie.jp/


劇場での二時間、物語に引き込まれました。



私には、律くんや権田原さん・・・? が出てきてちょっと嬉しい部分も。



個性ある人気実力俳優がそろい、見ごたえありました。

2018年6月12日 (火)

Vision と 万引き家族

映画の感想をふたつ。

さいしょに河瀬直美監督の“Vision”

http://vision-movie.jp/


河瀬監督作品をみるのは実は初めてなんです。

奈良吉野を舞台に、時間の座標が交錯する不思議な世界・・・とでもいうんでしょうか?

強力なメッセージ性はなく、見る人によってそれぞれの世界観があって良い。



現在のように刹那的でない、人々の100年1000年単位の時間の流れ。

“素数” がキーワードの物語。  


小曽根真の音楽(ピアノ) とともに、河瀬ワールドを魅せてもらいました。

機会があれば河瀬監督の他の作品も観てみたいと思いました。




そして話題の是枝裕和監督作品“万引き家族”

http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/



いろんなメッセージ・仕掛けが込められている作品。



世の中の犯罪や事件の表と裏。



本当の家族の姿とは・・?


リリー・フランキーさん、

同じ是枝監督の“そして父になる”のときもそうでしたが、

子供さんとの絡みで、演技とは思えない自然な無邪気さ。




安藤サクラさん

彼女の演技に魅了され、いっぺんにファンになりました



とにかく出演者全員が魅力的



いろんな仕掛けやメッセージを確かめるためにも

あと “何回か” 劇場に足を運んでみたいとおもっています。

2018年6月 8日 (金)

大和郡山フェアー イオン大和郡山店

6月3日、KCSSは商工会主催 “大和郡山フェアー” で演奏。



今年は、KCSS名歌手が登場。

中島みゆきの “ 糸 ” を、想いを込めて歌いあげてくれました。

Cimg0995





KCSSの演奏を楽しみに来てくださるお客さんの前で演奏させてもらえる喜び。


Cimg1037




次の本番は、7月7日開催の金魚すくい選手権大和郡山市大会開会式典での演奏。

150名を超すシルバーコーラス軍団 “ レインボー郡山 ” との共演が楽しみですnote

2018年5月26日 (土)

妻よ薔薇のように

家族はつらいよシリーズ第三作

妻よ薔薇のように  http://kazoku-tsuraiyo.jp/



山田組の俳優陣によるシリーズ。


今日の映画館は、やはり寅さんのファンが多いんでしょうか、

けっこうご高齢の方が中心でした。



若い年齢層の人から見ればいろいろ突っ込む場面もあるかもしれませんが

やっぱりそこは山田洋次監督作品 !



笑いあり・人情あり・人生あり。



あっという間の二時間でした。


おっと忘れてました。


特別出演の誰もが知ってるこのお方。

一瞬の出番でしたが、存在感ありましたよ。

2018年5月23日 (水)

ちんゆいそだてぐさ

この時期大和郡山城跡で、風物詩的な存在になりつつあるイベント。

ちんゆいそだてぐさ


http://chinyui.net/

5



明け方の雨も上がり、すこし肌寒かったですが

『 半分青い 』 空模様の中出かけてきました。


6


年々確実にレベルアップされる出品者の展示。



そして何より、若い世代を中心とした工芸作家と直接話ができる。


7

余計な演出など不要!


郡山城跡という場が、さらに雰囲気を醸し出してくれます。

2018年5月21日 (月)

通崎睦美 木琴コンサート

京都文化博物館へ。



歴史ある銀行の跡ということですが、

京都という街は

こういった文化財的な建物を保存して活用するのが本当にうまいと思います。

1



この会場で開催された通崎睦美木琴コンサートを聴きに行きました。

2



平岡養一氏が所有されていた、素朴で柔らかな音色の木琴(ザイロフォン・Xylophone)。


通崎さんの感性・お人柄がそのまま音の調べとなって、

聴衆の心に届いた素敵なコンサートでした。


3


また音楽だけでなくいろんな方面に通じておられる彼女のトークは、

本職の女性アナウンサー顔負けの本物。


書籍にもサインしてもらったんですが、快く応じてくださいました。



私にとって、これからも目がはなせない音楽家のおひとりです。


4

2018年5月 5日 (土)

高槻ジャズストリート 2018

GW恒例、高槻ジャズストリートに行ってきました。(5月4日の二日目)

Dsc_0552


今回は20回目の記念大会。

http://www.0726.info/




海外からも、超ビッグネームのミュージシャンを多数招聘し

一般の方々が中心になって実にスムーズに運営されているこの催し。


演奏内容はもちろん超一流。



そしてなんといっても感心するのが、

これだけたくさん来場されているお客さんのマナーが素晴らしい。

Dsc_0548

この催しの意義をちゃんと理解し、ジャズライブを楽しんでおられるのが分かります。




私の中で、毎回楽しみにしているジャズプレイヤーがおられます。



いつもお洒落でセンスの良い演奏。

そして、お得意の関西風ウィットに富んだジョークで聴衆をたのしませてくれる

ピアニストの 『 岸ミツアキ 』 氏。


今回も3時間に及ぶ高槻現代劇場のコンサートでは、最初から最後まで圧巻の熱演。

ゲストプレイヤーとの息もピッタリ。

Dsc_0550





今年のTシャツは20周年ということで種類も多数。

例年の黒ベースでなく、色物を3着買いました。(この売り上げが運営支援金に・・!)


Dsc_0551




来年もまた楽しみにしています。

2018年4月29日 (日)

与 勇輝 展

人形作家・与 勇輝 展に行ってきました。(京都 高島屋)

Dsc_0540


“笑顔” の作品は一点も無いんですが、

素朴で作家が過ごされた昭和の時代風景が伝わってきます。



そして、目と口の表情だけで人形に“人格”がそなわっている。


何故か、ずっと顔をあわせていたくなります。



Dsc_0541




作品展の最後に

やんちゃな風貌漂うビートたけしさん、

ひょうきんな所ジョージさんの人形。



そして今回の展示最後の作品 “希望” に感銘。




言葉など一切要らない世界観に魅了されました。

«田中達也 見立ての世界