フォト
無料ブログはココログ

« 天理教音楽と著名作曲家 | トップページ | すずめ »

2011年1月12日 (水)

ペール・ギュント 第一組曲

今日、車で仕事の移動中

FMラジオからグリーグのピアノソナタが聞こえてきたことからの回想・・・。



私がクラシック音楽というものを初めて “意識して” 聞いたのは、

たしか小学校高学年の頃の音楽の授業で、

ギシギシ軋むスキマだらけの木造の音楽室で聞かせてもらった

グリーグ作曲 「ペールギュント」 第一組曲 note 



広大な北欧ノルウェー、最高の日の出の情景がはっきりと映像となって現れる 「

小学校当時、初めて聞くこのリズムが新鮮だった 「アニトラの踊り




家にレコードプレーヤーというものががやって来てまもなくの頃で、

どうしてももう一度聞きたくて

当時郡山にある唯一のレコード店 “玉井の時計屋” で探しても見つからず。




そのあと、奈良まで行って “あこや楽器” で見つけたこのレコード。

022


ドーナツ盤の大きさで、33回転のやつsign01  ¥600-



当時小学生にとって¥600-は大金だったはず。

親からもらったにせよどうして工面したのかは記憶にありませんが、

それこそ盤に穴が空くほど聞きました。




今でもこの曲を聞くと小学校当時の、なぜかモノクロの映像がよみがえってきます。





« 天理教音楽と著名作曲家 | トップページ | すずめ »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448399/38444047

この記事へのトラックバック一覧です: ペール・ギュント 第一組曲:

« 天理教音楽と著名作曲家 | トップページ | すずめ »