フォト
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

飲料水不足・・

飲料水・ミネラルウォーター不足。

製造メーカー、前年比8割増生産も悲鳴。

海外から飲料水緊急輸入。

ペットボトル製造メーカー特需。

ペットボトルのキャップ製造メーカー、震災による工場被害でキャップ品薄。

水道水の摂取制限解除・・?(念のため乳児に限って摂取を控えるよう・・)






諸外国の輸入制限

インド ・・・ 日本から輸入されるすべての食品。

アメリカ・中国・韓国・カナダ・ロシア・シンガポールなど

     ・・・ 日本政府が出荷停止・摂取制限をしている農畜産物



家電などの工業製品や、日本からの出入りの船舶にまで放射線量検査。





風評被害や、日本と海外との意識の温度差




こんな事で、本当に “日本丸” は大丈夫なんでしょうか・・・・・?

2011年3月30日 (水)

釈然としない・・・。

今日、付き添いで奈良県立医大へいくことになりました。


問診まで待つこと1時間半

・・・まーこの辺はよくあることかと。


検査まで待つこと30分ばかし

・・・まーこの辺も、まるでプラットホームのような賑わいの人?のなかでは早いほうかと。



予定の検査などが終わり、会計番号票をもらって支払いへ・・・・。

001


待ち時間表示は10分ですが、実際は20分以上・・・sign01



計算表をもらって支払いへ、窓口はあるんですが

混雑を避けるため・・?、自動支払機まで完備sign03


002


会計をさんざん待たされた上、現金を支払いなさいという集金システム。

いまや普通で、たしかに効率的かとは思いますが、

なにか釈然としない思いをもった今日このごろです。




2011年3月29日 (火)

感謝!

012

例年、真っ先に花見が出来る天理市内のスポットcherryblossom

きょうの陽気にさそわれてか、今年も見事な花を咲かせてくれました。

013

016

014

季節の変化や、美しいものを “綺麗” と感じさせてもらえるよろこび。

017

019

感謝しなければと思います。

・・・・・







昨年12月末から、ほぼ日で書きはじめた 『KCぼんトロの音譜』。

おかげさまで 3,000アクセス を超えました。


ここ最近は、東北地方大震災で思う内容が多くなってますが、

もっともっと、良い仕事やいろんな音楽の話題などが書きつづれるよう、

世の中良い方向に向かっていけばと願うばかりです。


<報告です>

4月3日の大和郡山お城まつりでの KCSSまちかどコンサート は、

自粛要請により中止となりました。





2011年3月28日 (月)

避難訓練 お・は・し・も・・

震災で被害に遭った釜石市のある小学校。

児童は地震直後高台へ避難し、全員が無事。




避難の合言葉は

『 お・は・し・も 』

お・・・押さない

は・・・走らない

し・・・しゃべらない

も・・・もどらない



日ごろからの訓練のたまもの。



下級生が先に避難、そのあとを上級生が続いたとのこと。



さすがに、『 走らない 』 はむずかしかったようですが・・・。





『箸』を中心に取り扱う私の仕事。

一日でも早く、着実に、

日本の文化 『 お箸も 』 ゆっくり使ってもらえる世の中になるよう願っています。

2011年3月26日 (土)

・・・・なう。

今年のサラリーマン川柳からcoldsweats01

『 部下からの 遅刻のメール 渋滞なう 』




今日の朝日新聞夕刊で、

被災地への物資も続々。

支援の申し出は絶えない状況で、ボランティア希望者は早朝から列をつくり

1~2時間で定員が埋まる。



休日には、千人以上が詰めかけるほどという。



庶民の力、日本もまだまだ捨てたもんではありませんsign03





この記事から、ツイッターでの情報交換。

『下着、テープが足りません』  と書きこまれると、すぐ

『薬局なう。1時間でお届けします』



ほどなく品物を買ってきたボランティアが現れる。




今、なにが必要でなにができるか・・・。

ここだと思います。

2011年3月24日 (木)

感覚の違い

福島の原発事故。

日本政府(日本人)の感覚は、原発から周囲・・・??キロ避難。


食糧や水など、

危機感のある報道と、人体に安全な数値などを出して楽観視された報道。





海外、アメリカや中国・ヨーロッパ諸国などからすると

日本の国土など、ほんのちっぽけな島国。



日本』の原発事故sign03


この感覚の違い、

ものすごく気になります。




2011年3月23日 (水)

信貴山へ

商談で、信貴山方面へ・・・。


道中 camera



020


014 足がすくんで、橋上から撮影。




011 竹やぶで日向ぼっこの寅ねこ・・?

012 信貴寅。

016 スリム寅。



017

019 

018



信貴山観光ホテルでの商談。

東北地方大震災の影響で、今春の観光客は・・・?



ここにもすでに大きな影響。

宿泊客・売上確保のための仕掛け!について、いろいろ話。




帰路車中から021


2011年3月21日 (月)

小学校金管バンドコンサート

20日、KCSS

桜井南小学校金管バンド40周年記念 思い出ありがとうコンサートに

友情出演してまいりました。



この小学校出身のKCSSメンバーの縁で、

数年前にもここのコンサートに出演させてもらってます。



小学校バンドで40周年・・・

発足当初のの卒業生は50代のおっちゃん・おばちゃん・・・



学校・保護者・代々の指導者・そして児童のみなさん

熱意と情熱の賜物と思います。



進学しても楽器を続けて、もっともっと上手になって

近い将来 『 KCSS 』 にきてくれたらこんな嬉しいことはありません。

それまで頑張らねば・・・と思う、今日この頃です。


(当日の様子)

005

 

010

017



011 


016_3


018



















 

2011年3月20日 (日)

1300年の再建

薬師寺東塔 『凍れる音楽』 の解体修理に伴い、

東塔の特別初層入堂拝観に行ってきました。


1300年の歴史

002

001

012

013


初層の中は撮影禁止でしたので、映像はありません。

005

017

明治33年以来110年ぶりに解体修理が行われます。

風雪に耐え、薬師寺で唯一現存する奈良時代の建造物。



歴史と先人の知恵をじかに感じてきました。

016

東塔・西塔とも六重に見えますが実際は3階建て。

共に三重の塔です。(誤解の無いように・・・coldsweats01




2011年3月18日 (金)

再建中

仕事で、大阪堂島方面へ・・・。




016





大阪中之島、音楽の殿堂。



大学時代の4年間、

毎年このホールで、1年間の集大成の定期演奏会をさせてもらいました。


当時のホールは、2,500人収容。



014

新 “ 大阪フェスティバルホール 


完成が楽しみです。

015

2011年3月17日 (木)

緊急地震速報

夜、帰宅後テレビはほとんどNHK。

毎日、青山キャスター・大越キャスターと顔をあわせます。



ここんところ毎日、それも複数回はいってくるあの独特な警報音sign04

そして、緊迫した口調で繰り返される青山キャスターのコメント。

 緊急地震速報 ”



きょうも聞きました。


すごいシステムだと思います。







東北・関東地方を中心に続く

震度4や5が普通・・?になってしまっている 「大きな余震」 の警告。





地震国日本、過去からからずっと地震予知は継続して研究され続けていますが

来ると予告して、数秒・あるいは数十秒が今の限度なんでしょう。




国家レベルでの防災システムについての基準やマニュアルはある程度研究されているん

でしょうが、

それに比較して、万一の被災後の救済について、

いまになって思うことですが、もっといろんな事態を考え

緊急時の救済マニュアルを国家レベルでもっと研究する必要があると考えます。










2011年3月16日 (水)

物流の脆さ

“ ほしいものを ・ ほしいときに ・ ほしいだけ ”



日本が、陸送を中心とする世界一の物流システムで創り上げた現在の経済社会。




天災により、一瞬にしてこのシステムが止まる。




道路の崩壊はもちろんですが、

物流の生命線である車を動かす 『燃料』 が供給できない。



精密機械のごとく物流がシステム化され、

便利さがあたりまえとなっている現代社会。




それを中心にまわっている現代人の生活。




世界に誇る物流の脆さが今回の震災で見えたように思います。

















2011年3月15日 (火)

『想定外』 と 『自粛』

東北大震災後、よく見聞きする言葉

『 想定外 』

想定外のマグニチュード ・ 津波の高さ ・ 犠牲者数 ・・・・・  現実は。


福島原発の事故  

世界最高水準の安全性で、これ以上ないといわれる日本の原発施設。

想定外の地震と津波による、想定外の事故。


報道されている状況以上にもっと深刻なのではと率直に思います。

『想定』は、あくまで過去に起こったことの事例や、現代の人間の考えたこと。

大自然をまえにしては、人智など想定以前なことかと思います。


現実を見据えた緊急対応策が必要です。

『 自粛 』

これは日常生活、人間的な面が主。

 

祝賀的なイベントや行事 ・ 日常生活での楽しみ ・ 営利活動 ・・・・・


被災者・被災地に対する想いのところで、

開催可否・時期や内容など人によりいろんな考え方が交錯します。




先日の日記、お城まつりの主なイベントも自粛の方向で検討の情報。




身近な事項から、いろんな考えが頭の中をよぎり

いま何をしたらいいのか、何が正しいのか

結論の出ないまま、こんなことを感じている今日このごろです。

2011年3月13日 (日)

今日の夜明けと、お城まつり

3月13日(日)、私の住む奈良県大和郡山市は

いつものように何事もなかったかの如く夜が明けました。 しかも快晴sun



同じ日本列島、東北地方では大地震による被災者の救命活動がつづけられ

原子力発電所の危機、まだまだ余震が続く中での不安な状況。



いまはただただ、お亡くなりになられた方のご冥福と、

多くの行方不明者の方々のご無事を祈ることしかできません。


時間の経過とともに、今何が必要なのかが判ってくれば

遠隔地でほんの微力ではあっても、出来る範囲で何かさせてもらえたらと思っています。





今日、市の広報誌とともに今年のお城まつりの案内が各家庭に配られてきました。

067

好天でしたので、昼前にお城界わいを散策。

052

蕾はまだ固いですが、確実にふくよかになってきています。



055

050

もうすこしすれば、満開の桜で景色が一変します。


059 出番をまつ 『ぼんぼり』


057

058_2 見事な盆梅


桜の時期の “穴場” 郡中坂 (桜満開の頃、このアーチを新入生が通ります)

066

 




お城まつり。 
私共KCSSは、4月3日13時~三の丸会館前で 『まちかどコンサート』 を開催します。

068 




今日はこれから、来週に迫った県下の小学校でのコンサートにむけての練習。


今、自分に出来ることを精一杯、そして喜んでもらえるよう

明日からも頑張っていきたいと思う今日この頃です。








2011年3月12日 (土)

日本の国力

東北地方太平洋沖地震

被災地での人命の救助を最優先。


現地はもちろんですが、日本国中が大混乱に陥る事態。

政治家は、自身を守る選挙や献金・上げ足のとりあいで、もめてる場合ではありません。


この緊急事態の今こそ、

政治家が中心となって、すべての日本の国力を的確な対応策で集結させる時です。





大自然の前には、

人間の力など、あらためてちっぽけなものだと思い知らされます。





しかしここは、日本人の 『知恵』 を総力し

一刻も早く、救援と復興に向けた対策が必要です。


2011年3月10日 (木)

當麻寺へ

昨日の続き・・

“ 當麻寺 ”のご住職が経営されてるこのお店を訪問。

029




門前に車を止め、駐車場代も払ったことだし、せっかくなのでちょっと散策。

013 西塔

016 東塔


015

019

こういう木組みにものすごく興味があり、魅入ってしまいます。




017 日本最古の石燈籠

021

023 ここにもあったbleah

022

こんなお堂が、街なかに普通にとけこんでます。

025

築100年以上は経つであろう門前の茶店・・?

027 整備された街道




ちょっと足をとめるだけで、

魅力あるところがいっぱいの葛城街道でした。

bleah

2011年3月 9日 (水)

山麓線界わい

車で日々走る道

自分と相性のいい好きな道と、どうも相性の良くない道があるように思います。



どうせなら、ちょっと遠回りでもこっちの道で行こう(帰ろう)・・とか。



葛城山麓沿いを南北に走る、わたしの好きな道 “山麓線” 。

近辺に日頃お世話になっているお得意先が数件あり、訪問ついでに

昨日は天気も良かったので、この道路からちょっとだけ山側にはいって寄り道。


002 千と千尋の湯屋・・?

007 使われた形跡のある釜戸。


006 3階建て・・階段。


無人でしたので、ちょっと失礼

004 3階にあったハンモック

005 絶景かな・・・sign03


003 実際に動いていた水車typhoon

011 (水車動力)



一番嬉しかったのは、

009

upwardright

このように無造作に捨てられている・・? 農機具の数々。

downwardright

010


そしてなんといっても、これ shine

幼少のころ、大好きなんだけど何故かちょっと恐かった “発動機” 

008

これは、ちょっと感動ものでしたsign03

2011年3月 8日 (火)

左利き。

わたくし、うまれつき左利き(サウスポー)なんです。



小さい頃からよく、 『 あんた、ゲッチョ(ギッチョ)け・・・sign01』  とよく言われました。




思いますに、世の中にある 「モノ」 はほとんどが右利きの人が使うことを前提に

作られています。



たとえば身近なものでは、

お茶の急須の持つとこ ・ 片手鍋 ・ カメラのシャッター ・ 駅の自動改札・・・・・


スポーツでも、今でこそサウスポーは市民権をえていますが、

わたしが子どもの頃は、野球のグラブなど学校にあったものはほとんど右利き用。

なんとか工夫して右手にグラブをはめて、器用に・・つかいこなす。




ゴルフを始めたころも、レフティー用のクラブを置いているショップも少なく、

また練習場にいっても右打席ばかりで、左用はあっても端っこに1つ2つ・・・。

そして普通の・・?右打ちの方と向かい合わせ(あるいは背中合わせ)になる。





世の中、わたしと同じ左利きのひとは同じような思いをお持ちのはずです。




そこで今日の話題はこれdownwardleft

032


なんの変哲もないハサミですが・・・よ~くご覧になってください。





実はこのハサミ

033

左利き用なんですshine





会社で、いつもサンプル作成や商品の修正検品などで

わたしが左手でハサミをつかってるのを見かねて、心優しい社員の方が

わたしのためにと買って来て下さったんです。




左利きの人間にとって、ハサミは

本来右利き用に作られてるものを “工夫して” “器用に” 使うものだと幼少のころから

仕込まれているわけです。




果たして、こんな “便利な” ものが使いこなせるのか・・・

楽しみと、妙な心配でこのようなことが頭をかけめぐった今日このごろです。

coldsweats01

2011年3月 7日 (月)

続々・ピアニストという蛮族がいる。

shine

というわけで 『 ショパンの1番 』



個性的な演奏で、魅力的な第2楽章を聴かせてくれる“ブーニン”の演奏、

そして、“中村紘子”のダイナミックで煌びやかな演奏などを含め、いろんな演奏家の

この曲を聴きまくりました。




この曲のある程度のイメージが出来上がりつつあったある時、

大げさなようですが、FMラジオ(カーラジオ)から自分のイメージを根底から覆す素晴らしい演奏に出会いました。

この曲は、始まってからピアノの独奏が出てくるまでけっこう時間があるんですが、

すでにこのテーマの部分で脳天から衝撃thunder



演奏が終わり、アナウンス紹介でオーケストラ・ソリスト・そして指揮者・演奏年代をすぐにメモpencil・・・。




当時、インターネットなんていう便利なものはありませんでしたので

行く先々のレコードショップで、この音源をいつも気にかけながら探し探し・・・

eye

ついに見つけましたsign03 
 

たしか、仕事で出張中の広島のCDショップだったと記憶しています。




それがコレdownwardleft

003 輸入版cd

クラウディオ・アバド指揮  ロンドン・シンフォニー・オーケストラ

ピアノ : マルタ アルゲリッチ         1968年の録音。



いまでも、ことあるごとに聴いている名盤です。




(長々とちょっとマニアックな内容になってしまいましたが・・)

ということで、まずはクラシックのピアニスト・ピアノ音楽にはまっていったんですが、

JAZZの世界にも、大学時代に衝撃的な出会いがありました。


このへんのところは、またの機会に・・・。


とりあえずこのシリーズの第1弾 “続” シリーズの閉幕といたします。




次回シリーズ、乞うご期待happy01

004

005  

2011年3月 6日 (日)

続・ピアニストという蛮族がいる。

そして、すぐに影響されるhappy01わたしは、

ピアニスト 『中村紘子』が演奏する レコード<アナログLPですsign01>を収集しはじめ、

ショパン・チャイコフスキー・ラフマニノフといった作曲家のピアノ曲に出会っていったわけです。

002

001



そして1985年の秋ワルシャワで、5年に1回のショパン国際ピアノ・コンクール(第11回)

が開かれ、あの『スタニスラフ・ブーニン』が圧倒的な秀演で見事優勝。


翌年に発売されたディスクで日本中に “ブーニンブーム” が巻きおこりました。



この時、(確かその当時難波にあったレコード店だったと記憶してるんですが・・)

店内で、このブーニンがコンクールで演奏した曲、

『ショパン作曲 ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11』 をはじめて聴きました。

特に2楽章の夢のような世界に心酔 shine



当時、アナログ(レコード盤)からデジタル(CD)へ移行していく初期の時代で

レコード店の9割以上は 【LP盤】 が所狭しと並べられており、

CDの販売スペースはごくわずかでした。



で、このブーニンの録音が 『CD』 で発売され

またまたすぐに影響されるわたくしはsmile、家にCDプレーヤーがないにもかかわらず、

音楽に触発され、なにはともあれこの 『CD』 を買ったのであります。(¥3,200-)

002_2

まずは“ソフト”を購入・・?

ということで“ハード”を導入しないことにはどうにもならない状況に追いつめたわけでございます。 (逆や・・sign03

  * このあとレコード業界は一気にデジタル化へとすすみました。

    このブーニン現象が当時の一役を担ったのは間違いないとおもいます。





コンクールに優勝してデビュー間もないブーニンですので、彼の音源はほとんどなく

こんどは、この 『ショパンの1番』を演奏する  いろんなピアニストの演奏をききはじめました。

shine

2011年3月 5日 (土)

ピアニストという蛮族がいる。

このタイトルをみられて、心当たりのある方おられると思いますが、

現代の日本ピアノ界を牽引してこられたピアニストで、著作家でもある

中村紘子』さんの本のタイトルです。



私がピアノという楽器、そしてピアノ音楽に興味を持ちだしたのは、

今から30年ほど前だったと思うんですが、

NHK教育で放送された 『 ピアノとともにnote 』 という番組がきっかけです。


講師は、中村紘子さん。


本格的な番組で、生徒もかなりなレベルの持ち主。

専門の音楽学校生や、一般人でも腕におぼえのある方が中村先生のレッスンを受け

確か、最終回にコンサートを行うという前提で進められていったと記憶しています。



よくある、2台のピアノを並べて、先生が・・「こうゆうふうに弾くんだよscissors

というのでなく、1台のピアノだけで生徒が弾いているのを聴きながら指導される。

中村先生が、自分の指示に生徒がうまくついてこれないときなど、

『ちょっとどいてちょうだいsign01

と仰って、自ら演奏されるcoldsweats02  ・・・  という場面が印象に残っています。



中村先生の演奏技術は勿論ですが、天性の“リズム感”に基づいた楽曲の解釈に

毎回「目から鱗」の連続でした。



遅ればせながら、この番組をきっかけに

シューマンの謝肉祭や、ベートーベンの月光ソナタを知りました。



当時買ったLP、ショパン2番のコンチェルトsign03

001 紘子さん “若い

ちょっと、ピアノのことをもう少し書きたいと思います。

この続きは、また明日。



2011年3月 3日 (木)

エビスのCM

エビスのCM、もうご覧になりましたか・・?

『シルクエビス』

正直、商品はどうでもいいんですがcoldsweats01

CMのバックに流れる“第三の男”のピアノ notes

http://www.sapporobeer.jp/yebisu/gallery/viewer/viewer_silk01.html?@videoList.featured=796525251001




もうひとつ、YAMAHAのピアノのCM notes

http://www.yamaha.co.jp/product/piano-keyboard/premiumpianos/

“ 音とフレーズを聞くだけで、誰・・? とすぐに判るpaper ”





うまい演奏家は、それこそくさるほど存在するこの世の中、

演奏技術は当然のこと、

個性があり音楽に魅力があって、

そのお人柄が見える演奏家には、なかなかお目にかかれません。




われらが 『上原ひろみ』 嬢 shine



以前の日記にも書きましたが、今最も会ってみたい彼女です sign01

 

2011年3月 2日 (水)

中文/ハングル

011

012


中文/ハングル文字。

近頃身近なところ、どこででも普通に見かけるようになりました。


014

008


いまの生活・仕事。

とくに中国の動向に、日々刻々にらめっこ状況の今日このごろです。






2011年3月 1日 (火)

卒業証書授与式

今日3月1日、公立高校の卒業式がありました。


愚息も無事3年間の高校生活を終えさせてもらい、

無責任のようですが、私の感覚では “いつの間に・・

というのが正直な思いです。



私の高校時代を振り返るに(精神的に)、

一日の、95%が部活動『吹奏楽』

あとの5パーセントが、学業・学友・家で寝る・・・といった、

信じられないかもしれませんが極端にバランスの悪い生活でした。

もちろんこの3年間の過酷で貴重な経験あって、いまの自分はあると思いますが、


ものすごく長かった(特に1・2年次)3年間だったと記憶しています。




いま、私には愚息の3年間は “いつの間に” でしたが、

本人にとって、いろんな経験をしたであろうこの3年間は

時間的にいまどのような感覚でいるんだろうか・・・・と、ふと思っているところです。





年齢とともに、たしかに “時” の経過の変化を感じます。



物理的・普遍的な時間は、どのようなものにも同じに与えられてるんでしょうが・・・・。

前にちょっと読んだ本で、たとえが良くないかもしれませんが

『ゾウ』の感じている時間と、『ネズミ』の感じている時間はどうなんでしょうか?




なんか支離滅裂で、内容のない日記になりましたが、

息子の高校卒業ということから今こんなことを思いめぐらしている

今日このごろです。


« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »