フォト
無料ブログはココログ

« デザイン あ | トップページ | 大阪城ジャズフェスティバル »

2011年5月 4日 (水)

高槻JAZZ STREET 2011

恒例の高槻JAZZ STREET (第13回)

2日目の今日行ってまいりました。

002

高槻駅周辺46会場

出演するユニットはプロ・アマ合わせて全部でなんと 『 577 sign03 』

 

7~8年前から毎年行かせてもらってますが

出演者参加型のまさしくゴールデンウィークの風物詩のようになってきたように思います。

 

さて、今回の私の目当ては今年から?はじまった『 ワークショップ 』

 

プロのミュージシャンと身近に接することのできるチャンス。 

今回は、2つのワークショップに行ってまいりました。

 

001 (今年のTシャツデザインです)

 

まずは、大阪の誇るモダンクラリネット奏者の滝川雅弘氏と

クラリネットはもちろん、DJなど多方面に活躍の谷口英治氏。

 

2人での開催で、ジャズの歴史・クラリネットのジャズ界での位置・奏法などなど・・

興味深い内容でした。

 

そのなかで、なんといっても一番良かったのが

会場に楽器をもった小学2年生くらいのお嬢様がおられ(今年の4月からはじめたとの事)

谷口氏が彼女に・・・「なにか吹いてごらん」・・・ということで

80人位はいた聴衆の前で、本当に素直な良い音で “ カエルのうた ” を独奏happy01

 

万雷の拍手sign03

 

最後には、もういちど彼女の “ カエルのうた ” に谷口氏が伴奏をつけセッションnotes

 

小学2年生の彼女には、

今日の経験が将来にむけて音楽をはじめるなかで、ものすごく大きな印象として残ることでしょう。

 

場所をかえて、こんどはベーシストの安ヵ川大樹氏。


イタリアの楽器を携え、これぞベーシストといった演奏中心のワークショップ。 

 

その後数会場をまわり、帰路につきました。 

初日に、ビッグアーチストが集中したためか今日2日目は例年に比べ人は少なめ。

 

帰りのJR高槻駅にまだまだたくさん積まれていたパンフレットが気になりましたが・・・。

 

開催まで1年間かけて、企画・実現させていかれる実行委員のみなさま、

そして数多くのボランティアスタッフの皆さん。

 

今年で13回まで継続されてきた御苦労・・・

 

来年も楽しみにしています。

 

« デザイン あ | トップページ | 大阪城ジャズフェスティバル »

ジャズ・ポピュラー他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448399/39863822

この記事へのトラックバック一覧です: 高槻JAZZ STREET 2011:

« デザイン あ | トップページ | 大阪城ジャズフェスティバル »