フォト
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

居候 一ヶ月経過

居候・・・ 『 ムクドリ 』 です ・・・ 一ヶ月を経過しました。

 

002

お世辞にも可愛いとは言えないその鳴き声

“ ギャーギャーannoy ・・・ パタパタ(歩く音) ”

 

とにかく足は達者ですrun

 

昨日、はじめて屋外で歩いていただきましたが・・・・

 

最初は緊張していたものの、すぐに隣の家の柵に入って行こうとしたので、

今日の屋外での歩行訓練は早くも終了。

 

かわりに炎天下sun、籠のなかでの霧吹きによる 水攻め を行いました。

 

001 水攻め後の“毛づくろい”

 

問題は・・・飛行訓練。

 

本人・? 飛ぶ気は満々なんですが、

やはり片方の翼が(幼少時に猫などにやられたのか・・)不自由

  run up downdowndown penguin 。

 

これからどうしたものか・・・考え中です  。

 

2011年6月25日 (土)

龍谷大学吹奏楽部サマーコンサート

おすすめのコンサートの紹介です。 

 

アマチュアですが、大学の部全日本吹奏楽コンクール金賞常連校

龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部・・(早口ことばみたいに長い)

SUMMER CONCERT

 

003

1部 オリジナルステージ

2部 ポップスステージ(ゲスト / 織田浩司 サキソフォン奏者)

3部 ステージマーチングショー

 

とくに、3部のマーチングショーは

学生主体の構成・演出で、大学生らしい魅力あるステージです。

 

動きや音量だけで圧倒するマーチングショーでなく

そこに物語があり、

そしてなんといっても龍谷の “” による音楽絵巻

・・・ちょっと褒めすぎましたか・・・?

 

いずれにしましても楽しみなコンサートです。

  日時 : 2011年7月2日(土)

  会場 : 八幡市文化センター大ホール

  開演 : 18:00(開場:17:00)

  入場料 : 800円

 

2011年6月24日 (金)

西井康元 本藍染作品展

西井康元 本藍染作品展 『鎮魂と光明』 に行ってまいりました。

004

http://www3.kcn.ne.jp/~watagen/2011koten.html

創作25周年。

西井康元氏は、大和郡山市在住の藍染師。

 

会場のやまと郡山城ホールから “ 徒歩45歩run ” のところに工房をもたれてます。

 

私共、KCSSのコンサートにも毎年欠かさずおいでくださり

長年親しくお付き合いさせてもらっています。

 

今回の作品のなかで、西井氏が熱く語って下さった “長岳寺” の石仏。

 

この石仏さまに急に会いたくなり、

天理での仕事をすませ会社への道中、カーナビを頼りにちょっと寄り道してまいりました。

 

005 雰囲気のある山門。

009 本堂。

007 ・・・。

 

012 視線が気になりました。

 

そして・・・

011

この石仏です。  お会いできました。

 

どのような作品に仕上げられているか・・・

003

27日(月)まで開催されています。

 

2011年6月23日 (木)

『 やまもと 』 の佃煮

今日は、なにわの佃煮司 『 山本 』 の佃煮を紹介します。

 

007

 

創業・・大正元年sign01

大阪は緑橋にある、知る人ぞ知る佃煮商sign03

 

004 機関車のようなガス窯shine

 

003 味付けの極めconfident

 

008 工場内にあった作業椅子。

<歴史を感じます>

 

005

006 店頭の商品群。

 

楽天で簡単に購入できます。

http://item.rakuten.co.jp/tukudani/asahi_01/

 

次週から期間限定で、あの有名な 『 喜重朗箸 』 を一膳プレゼント。

005_2

(これが言いたかった・・・happy01

 

ぜひご賞味ください。 

2011年6月21日 (火)

ショスタコーヴィチ 交響曲第15番

19日のN響アワーで、4楽章だけ放送されました。

 

ショスタコーヴィチの15番。

実はショスタコーヴィチの交響曲で、一番最初に全楽章通して聴いたのがこの曲なんです。

 

大学時代ひとつ上の先輩から、この曲の有名な朗々と鳴り響くトロンボーンのソロを

ひたすら何度も聴かされ(確かスイスロマンド管弦楽団の演奏だったと思います)

もらった録音テープを聴くうち・・・ 

 

最初きいた印象は何てことなかったんですが、

ソロが多く打楽器が多彩、ウィリアムテルの引用など他の作曲家にはない独特の世界に

引き込まれて行きました。

 

内に秘められたメッセージ性の強い音楽を書いたショスタコーヴィチ。

 

井上道義指揮でショスタコーヴィチの全交響曲シリーズ、

いつかじっくり聴いてみたいと思っている今日このごろです。

 

2011年6月16日 (木)

居候 三週間経過

impact可愛さをとおり越して、自己主張の強いことツヨイこと・・・。

005

チラシのおねいさん・・coldsweats01 のそばがお気に入り。

 

食事も、植物系から動物性の『ミルワーム』という幼虫が中心になりました。


部屋を歩き回り、糞害になやまされますpout

003

はやく飛べるようになって、放鳥してやりたいんですが

ヒナの頃(救助した当初から)、左の翼に傷を負ってるようで心配です。 

2011年6月14日 (火)

ケーキ工房 森のおくりもの

今朝の朝日新聞【奈良版】の週刊まちぶらという記事に、

御夫妻でにこやかにほほ笑むケーキ屋さんの写真が掲載されてました。

008  

どこかで見た(^^♪・・・sign01

 

私どものバンド 【KCSS】 創生期のメンバーでチューバ奏者のF氏に間違いなし。

 

グッドタイミングで、今日ケーキを用意する必要があり(彼女へのプレゼント・・としておきますcoldsweats01

さっそく電話で予約。

 

御本人が出られましたが、悟られないように

新聞を見たんですが・・という調子でデコレーションケーキを注文。

 

大和高田市にある、失礼ながら 『シャッター通りの商店街』 にあるケーキ店。

それだけに、この店だけが燦然と輝き

店中にはオシャレなカフェもあり、まさに穴場birthday

 

007

店内にはいると、

F氏はすぐに私と気づき、久しぶりにひとしきりの話・・・。

 

帰り際にケーキの代金を払おうとしたところ・・・

ここではじめてF氏は、ケーキを予約した本人が私だったと気付き・・・happy01

 

近鉄大和高田駅すぐです。

006 オススメ sign03

 

2011年6月10日 (金)

京都橘高校マーチングバンド

8日(水)笑ってコラえて! 吹奏楽の旅2011 ~踊るマーチング~

京都橘高校マーチングバンド



マーチングコンテスト全国大会金賞の実力校。

 

演奏技術やフォーメーションはもちろんのこと

踊りを取り入れた個性ある演技・演出。



少々のことでは驚きませんが、

いちばん感心し素晴らしいと思ったのが

生徒の自主性でここまでのものを創り上げていることsign03

 

カリスマ性のある指導者(指揮者)のもと、

統率されたメンバーの音楽表現で評価の傾向にある全日本吹奏楽コンクールと違い、

生徒同士が信頼し合いながら創り上げていくそのさまに感動しました。

 

次週(つづき)が楽しみです。 

2011年6月 8日 (水)

スズムシの羽化

毎年6月に入り決まって10日前後の時期、

我が家の “スズムシ” が羽化し始めます。



わずか1~2ミリのその個体を今日確認しました。

小さいながら触覚もキチンと生えてます。

 

あまりに小さく黒い炭に留ってるため、わたくしのカメラではその姿をおみせできませんが

おいおい(こりゃこりゃcoldsweats01)アップしていきます。

 

おもえば下の子どもが小学校のころに、友達からもらってきたもので

もう10代目くらいになるんでしょうか・・・?

水槽のなかで天敵がいませんので、これから天文学的な数量が羽化しはじめます。 

 

ほとんどを野に放って行くんですが、

飼ってみようと思われる方おられましたら、少し大きくなって時期がくれば

いくらでもさしあげますよ・・・sign03

 

ちなみに、今ホームセンターのペットショップなどですでに成虫となり鳴いているのが売ってますが、

あれは人工的に飼育を早めたものです。 

2011年6月 7日 (火)

居候 二週間経過

ものすごく存在感がでてきましたchick

 

この凛々しいおすがたsign03

005

この食欲・・・fastfood

003

 

ぼつぼつ、ヤンチャをはじめる時期・・・。

 

もうしばらく、この居候を見守っていきます。

004  

2011年6月 6日 (月)

佐渡 裕 ベルリンフィルを指揮

夢の実現。


佐渡さんが小学校の時に書かれた作文で、将来の夢を

『世界的な指揮者になってベルリンフィルを指揮するsign03

 

恵まれた音楽環境のなかで成長され、ご家族の支えがあり早くから才能を開花。

 

バーンスタインや小澤征爾といった師匠にも恵まれ、

ご本人の素質・努力はもちろんですが、音楽に真正面から本気になって向かっていく姿、

そしてなんといっても“佐渡裕”そのお人柄に音楽家をはじめいろんな人々が集まってくる。

 

本当に良かったですね。 おめでとうございます。

 

昨日の民放の特番で部分的に、ショスタコの革命を振る部分が放映されてましたが

最終楽章のクライマックスの部分では、まさに感極まって涙ながらに指揮されてました。

 

(この瞬間、音楽以外の)いろんな想いが集結されたんでしょう。

 

当然のごとく観客はスタンディングオベーションsign03

 

佐渡さんだけが再度呼び戻され舞台に登場。

テレビのドキュメンタリーでも想像どおりの絵が描けたようで

この番組の企画は思惑通り大成功に終わったと思います。

次週、コンサートの模様がBSで放映されるので楽しみです・・・。

 

が・・・、曲が終わったあと満員の聴衆の割れんばかりの拍手のなか、

百戦錬磨のプロ集団・ベルリンフィルのメンバーが見せた冷静沈着な表情。

 

わたしの思いすごしかもしれませんが、

プロの音楽集団から佐渡氏への洗礼と期待、

感傷的な“甘え”はこれからは許されないよ・・・といった表情に見えました。

(エラそうなこといってすいません)

 

佐渡さんの音楽がこれからどう変わっていくのか、楽しみです。

 

 

2011年6月 4日 (土)

プリンセス トヨトミ (2回目)

先週土曜日に引き続き

『 プリンセス トヨトミ 』 を観てきました。

 

同じ映画を何度も観にいくというのはあまりないんですが、

最近では、鶴瓶と小百合さんの “ おとうと ”

そしてなんといっても、4回も観た “ ALWAYS 三丁目の夕日 ”

 

どちらも、内容はもちろんなんですが

音楽が素晴らしいという共通点がありますnote

 

中川英二郎の魅力あるトロンボーン演奏による “おとうと”

山崎貴監督の脚本・演出に何度も涙し、佐藤直紀さんの音楽に感動した “ALWAYS”

 

さて、今回の“プリンセス トヨトミ”

音楽の印象はあまりなかったんですが、

この個性ある“万城目ワールド”の世界と、『仕掛け

 

先週観て、パンフレットを隅々まで読んで挑んだ2回目の観賞。

またまた実におもしろい世界を魅せてもらいました。 

いや~~っ、 映画ってほんとうにおもしろいですねsign01 (だれの真似や・・・)

 

今日、あらためて発見したのは

中井貴一さん。 

素晴らしい俳優さんと再認識しました。

 

もちろんセリフもたくさんあったんですが、

 目 』 だけでこれだけ演技のできる俳優さんは、そういないと思います。

 

もっぺん行こかな~。

2011年6月 3日 (金)

今日の居候

居候chick

 

今日で丸9日め。

 

ずいぶん 『 鳥 』 らしくなってきました。

 

006

 

とにかくこの食欲impact

 

002  

 

トリ立ちできるようになるまで、元気に育ってくれればと思ってます。

 

007

 

2011年6月 1日 (水)

スーパークールビズ

今日からもう6月・・・梅雨入りrain

スーパー早く、月日の経つのを感じます。

 

ということで今日の話題は 『 スーパークールビズ 』

 

夏場の電力事情による節電で、今年は服装の軽装化が進むことが予想されます。

 

とはいってもそこはケースバイケースpaper。 

 

わたくしはといえば、いつも営業車にジャケットとネクタイは用意してますが、

さすがにスニーカーでとはいきませんので、革靴に紺系のスラックス。

夏場、基本シャツは半袖。 

 

訪問先、相手の状況で七変化・・・coldsweats01 という訳ですが、

ネクタイを締める回数が減ってきているのは確かです。

 

見方によっては、節電という大義名分だけでなく

その会社の雰囲気や空気が感じられ

『 個性 』 が見え隠れするように思います。

 

世の中全般、停滞ぎみ。

『衣替え』 と同時に 『頭の衣替え』 をやっていかな・・と思っている今日このごろです。

 

 

【 報告 】

今日の “ こいつ chick ” 

008

010

 

 

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »