フォト
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

第59回全日本吹奏楽コンクール 大学の部 ~前半~

043

ホール玄関 (道路上で荷降ろし・・大変)

042

会場ロビー (搬入された打楽器も一緒・・・)

044

開場前の様子

046

ということで、始まりました第59回全日本吹奏楽コンクール大学の部。

印象に残ったバンドなど、わたしの我儘な感想にお付き合いください。 

 

ホールの収容人数は2,000人超、わたしの席は審査員後ろの3階席中央。 

 

大きさの割には、優しい響きのするホールと感じました。 

13団体のうち、まず前半7団体で印象に残ったのが

関西代表の “近畿大学” と “龍谷大学” 

 

近畿大学 はバランスよく安定したサウンドで

特に課題曲Ⅱが秀演。

課題曲・自由曲通じ、ダブルリード楽器群を生かした演奏に好印象をうけました。 

 

ブラスセクションの音に、往年の近大サウンドの片鱗がうかがえました。 

自由曲の後半、音楽の印象が薄くなりましたが編曲の問題・・・?

 

<私の我儘>

レスピーギの曲をK氏の編曲でよくレパートリーとして演奏されてる様ですが、

この大学の本来の個性は、輝かしい都会的なブラスセクションを中心としたサウンドにあると感じます。

このサウンドを生かした吹奏楽のオリジナル曲で、小さくまとまらず

他の追随を許さないもっともっとスケールの大きな音楽を聴かせて欲しいです。

 


龍谷大学 の課題曲Ⅲは感動もの!

この曲を、龍谷の演奏ですばらしいものにしたといった印象。

ブラスの響きと一瞬の木管のピアニッシモによる表現に涙しました。 

 

自由曲は、龍谷としては百点満点の演奏でしたが、

このコンクールという場では音楽的内容は別にして、曲の印象度が弱かったように思います。

 

<私の我儘>

コンクールという審査で今回の結果『銀賞』は、納得のいかない点もあるでしょうが

持ち前の “龍大さわやかサウンド” で、

真正面から誰が聴いても文句なしの音楽を、指揮者と一体となって聴かせて欲しいです。

                                             つづく・・・。

2011年10月30日 (日)

第59回全日本吹奏楽コンクール 大学の部 ~青森へ出発~

10月28日夜

notes~ 京都発の夜行列車・・・

017


018ちょっと気になった看板

019


この列車 『 日本海 』 に引っ張られいざ青森へ・・・

020車内のようす

021個室内

列車の造りあちこちに 旧 『 国鉄 』 の面影が。

023秋田駅過ぎて、霧の夜明け。

車窓からですが、なかなかの撮影camera024

(自我自賛) 

 

028

notes~ 青森駅は “ 快晴 ”


035


036向うは北海道

031駅前にあった 『 リンゴやさんapple 』

034

033駅近くの公設市場

午前中、板画(はんが)家 棟方志功記念館へ

040039_2

 

コンクールは午後~。

                                            つづく・・・。











2011年10月28日 (金)

第59回全日本吹奏楽コンクール 大学の部 ~青森~

今晩から夜行列車でみちのく一人旅・・・train 

 

 

全日本吹奏楽コンクール 大学の部を聴きに

青森まで行ってまいります。 

 

 

詳細はまたpaper

2011年10月23日 (日)

矢田ふる里まつり (30周年記念)



007



秋晴れの23日、矢田ふる里まつりに行ってきました。

017


019

多くの人で賑わう各自治体の模擬店

はじめて来ましたが、この人出・・・おどろきですsign03 

 

さて、今日の目的は奈良高専吹奏楽部によるドリル演奏。

一旦、クラブを退いた5年生も駆り出されての最後のステージ。 

018出番です・・・余裕のVサインscissors

021_3

気合いの入ったドラムメジャーと、余裕の?後ろの隊員・・・足、揃えてほしいな~angry。 

022_4フロント陣。

024_7演技スタート。

026指揮台は、ティンパニーのケース・・?

<足元がおぼつきません・・・> 

029広いグランドで孤高のソロnotes 

031ドラム隊。 

027エンディング。 

032退場・・・(揃えんかいsign03) 

 

会場すぐ横の、矢田丘陵風景。

035

034

2011年10月22日 (土)

アルスジャズオーケストラ第40回リサイタル

020


天理大学アルスジャズオーケストラ第40回リサイタルに行ってまいりました。

 

013

結成40周年。

 

結成時のメンバーは、すでに還暦をすぎて・・・!

数々の名プレーヤーを送り出したアルスジャズオーケストラ。

 

今回のリサイタルでは、一時期のようなスーパープレーヤーはちょっとみあたりませんでしたが

これからのアルスを牽引していくであろうプレーヤーのたまごがみかけられました。

015 

 

エリっ子まいこ姫の圧倒的なソロ。

017


(ほんのすこし演奏されたフリューゲルの音に、ものすごく魅力を感じました) 

 

メンバー全員揃っての演奏。

018

 

また来年も楽しみにしています。

2011年10月18日 (火)

秋の味覚

じつに気持ちのいい、さわやかな秋晴れの一日sun

移動中にも、こんな風景に出会うとつい車を止めてcamera

022


019

ということで私、果物類が大好きなんですが

四季の果物の中でベスト2をあげると・・・(なんでベスト2なんやsign01

 

夏の西瓜と、そして秋の柿 

 

山あいの自然に群生する渋柿

016

       021_6

今年は、大豊作の年らしく

大和郡山の市場にも、連日20tを超える柿が入荷。

 

その影響か、いつも果物を買う 『 はないちばん 』 のお店の方が

山に果実が多いから、今年は里におりてくるカラスが少ない・・・との事。

(なるほど納得) 

ということで買ってまいりました奈良県産の地の柿。

籠“テンコ”盛り これで400円023_2

2日で無くなるかな・・・

 

秋の味覚、いただきます。

2011年10月10日 (月)

KCSS‘2011’レギュラーコンサート 御礼

008


10月9日 ホールいっぱいのお客様のなか、

無事コンサートを終える事が出来ました。 

 

 

数々のご支援や応援のメッセージ

これからの活動に生かしていきたいと思っています。 

 

ここまでいろいろあった2011年。

 

また次回のコンサートに向け(2012年10月8日(月・祝)に開催します)

さらに楽しんでもらえるコンサートになるよう、いろんな絵を描いていきます。 

 

 

尚、今回のコンサートの模様は、KCN(近鉄ケーブルネットワーク)にて

10月20日(木)・21日(金)・22日(土)の3日間、

各々 16時~ と 24時~ (計6回) 放映されます。

2011年10月 9日 (日)

KCSS レギュラーコンサート ‘2011’ 本番

2011年10月9日(日) 快晴sun

 

007


いよいよ今日本番です。

 

皆様方によろこんでもらえる演奏ができるよう頑張ります。

 

昨日の練習で、仕掛け演奏付き・・? のサプライズで、

メンバーからバースデーケーキをもらいました。 

 

どうもありがとう。

普段の私のわがままに付いてきてくれたみんなに感謝sign03

001


002


003


ケーキはすでにお腹のなかですが、

付けてくれたキャンドル・・・birthday

 

数字は、みなさまのご想像にお任せしますhappy01

 

それではみなさま、やまと郡山城ホール16時開演(15時20分開場)

‘2011’ KCSS レギュラーコンサートへのご来場、心よりお待ちしております。

008

2011年10月 5日 (水)

クーカル イタリアン イン 馬見

小雨の中、馬見丘陵公園で開催されている

馬見フラワーフェスタ 同時開催クーカルイタリアンイン馬見に立ち寄りました。

040


 

まずは、仕事でお世話になっているラッテたかまつさんのブースへ。

035


今日は雨で、アイスクリームの売り上げはいまひとつ・・・。

 

ダリアまつり   奈良県はダリアの球根生産量日本一 !

037

039


036

微妙な・・・キャラクター・・・

042


043

週末は好天のようですのでお出かけになられたらいかがですか。



そして、9日(日曜日)はもちろん  快晴 ” です。

ぜひ、やまと郡山城ホールへお越しください。

KCSSレギュラーコンサート 16時開演(15時20分開場)ですnote

007




2011年10月 1日 (土)

東日本大震災とハワイアン

今日から10月。

 

毎年のことながら、なんぼほど早いねん・・・という思いです。

 

KCSSコンサートもいよいよ来週の日曜、9日

練習も明日と前日で最後の追い込み!

 

さて本日のお題ですが、

福島県いわき市にあるリゾート温泉施設 『 スパリゾートハワイアンズ 』 

映画 『 フラガール 』 の舞台にもなったところですが、

もともとは炭鉱で栄えた町。 

石炭業界の構造不況から立ち上がり 『夢の国ハワイ』 をイメージしたリゾートを開発。

 

事業は順調に伸び、映画ヒットの影響もあり2006年にはのべ入場者が5,000万人を突破。 

そしてあの3月11日、東日本大震災。

 

長期休館を余儀なくされるも再び全面復興に向け始動!

本日10月1日、一部分で業務再開。 来年1月にはグランドオープン予定。

http://www.hawaiians.co.jp/

 

“ 天を恨まず ” 復興に尽力されている方々に思いを致し 

10月9日(日)のKCSSコンサートでは、2部のプログラムで

KCSS版 『 ハワイアンメドレー 』  を演奏します。

007

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »