フォト
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

新フェスティバルホール

2013年春オープンに向け、着々と・・・sign03

003

2011. 12. 28   9: 00   信号待ち車内から撮影


 

http://www.festivalhall.jp/newhall.html#a

 

2011年12月26日 (月)

龍谷大学吹奏楽部 第38回定期演奏会 感想

私が思う龍谷大学吹奏楽部の特徴。    

 

 

まずはなんといっても、実にさわやかな都会的なサウンドnotes

 

溶け込む音ではなく、各セクションがクッキリと浮き出たなかでのバランスの良い演奏。

 

 

指揮者(音楽監督)と学生との信頼関係が構築され、どちらの 『顔(主張)』 も見える演奏。

 

音楽の傾向は、コンクールなどでよく見かける様な他を圧倒するという演奏ではなく

 “ ナチュラルで自然 ” な音楽創り

 

今回のプログラムでは、最初に演奏された龍大の十八番<酒井作品>

今年のコンクール自由曲 “ 大仏と鹿 ” にこのバンドの特徴が満載され、

最も興味深く聴くことができました。

 

メインの、レスピーギ作曲 “ ローマの松 ” では

いちばん感心したのがソリスト達の名演!

 

(特にカタコンブの松で、女性トランペット奏者の舞台裏でのあの有名なソロ)

おそれいりました。 素晴らしかったです。

 

今年は特にブラスセクション(特にホルン・ユーフォニアム)の躍進がめだちました。

 

ただ音楽創りの面で、好みの問題もあるでしょうが、

この曲ではちょっとあっさり流しすぎて淡泊になってしまったのが残念でした。

 

毎年恒例の客演ソロ。

4年前の小谷口さんのクラリネットと昨年の中谷氏のティンパニー。

作品・演奏共に素晴らしく今でも印象に残っています。

 

ことしはテューバ協奏曲(R.V.ウィリアムズ作曲)

演奏というよりは、作品(曲)自身が私には残念ながらつまらないものでした。

 

コンサート全体の印象は、ちょっと今年はあっさりしすぎかな・・・!

 

さらに来年に期待したいと思います。

 

011

2011年12月24日 (土)

龍谷大学吹奏楽部 第38回定期演奏会

 

この時期、毎年恒例の龍谷大学吹奏楽部の定期演奏会に

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールまで行ってまいりました。

 

010

龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部(正式名・・長い!)の定期演奏会に足を運ぶのは

今回が5回目。 

 

 

思えば、娘の吹奏楽への想いで始まった龍谷大学とのご縁。 

 

 

中学校でクラリネットを始めて、

奈良の無名校から全国大会常連校への進学!

 

 

日常の生活やまわりの環境、練習の量・内容も一気に変わり

初心者に近い楽器の技術であの吹奏楽部に入れてもらって、あっという間の4年間。 

 

途中で挫折せず、最後までよく頑張ってくれたと思っています。 

 

 

 

音楽はもちろん、人間関係でも一生の友達を得ることが出来たのではと感謝しています。

 

 

私自身も、同じような道をたどってきた身。

 

最近は、娘とほとんど言葉を交わすこともありませんが、

今回の演奏会は、いつもと違った感慨がありました。

 

コンサートの感想はまた明日にでも・・・。

 

2011年12月19日 (月)

FUNKITO ファンキート

昨年のKCSSコンサートに、ゲストプレーヤーとして出演してくれました

FUNKITO の3rdアルバムが発売されます。

 

http://diskunion.net/jazz/ct/detail/JZ111217-50

 

彼との出会いは高校時代。

 

ひとつ後輩で、トロンボーンパートで2年間ずっと一緒でした。 

 

3年前、高校時代の恩師の葬儀で三十数年ぶりに再会し

その後縁あって、昨年のコンサートに金沢からかけつけてくれました。

 

 

本場ニューヨーク仕込みの FUNKITO の世界notes

 

これからもずっと応援していきたいと思ってます。

Funkito

2011年12月16日 (金)

手帳 ‘2012’

携帯に予定を入力するのが主流の今

私は今でも手書きの『手帳』 

 

2006~2008

001

2009~2011

002_6

 

今日、来年‘2012’年の手帳を購入しました。

 

今まではどちらかというと、落ちついた好きな系統の色できたんですが 

今回手にしたのがこれsign03

003_2

 

予定の書き込みやすさという事もあったんですが

来年は新たな発想で、良い年にしたい・・・という想いもあり

傾向を変えてみました。 

005

006_8


夢のある良い予定をいっぱい書き込める年となるよう

想いをこめて・・・shine

2011年12月11日 (日)

『凍れる音楽』 解体修理

『 凍れる音楽 』 と称される奈良薬師寺の東塔が一世紀ぶりに解体修理されます。 

 

1300年の歴史を経て現存する木造の塔。

 

<今年2月の撮影>

008_2

002


 

 

<12月10日撮影>

001


008

 

 

今の時期、たくさんの渡り鳥でにぎわう大池

007


安心しきって、お休み中sleepy

006


 

再び全容が観られるのは、7年後fuji

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »