フォト
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月28日 (土)

若草山 山焼き

1月28日(土)、外からの帰り18時過ぎに若草山のふもとから花火が・・・annoyannoyannoy

 

そうか・・・、今日山焼きやったんやsign02

http://www.kasugano.com/wakakusayama/

 

・・まだ、長年奈良に住むわたしにとって山焼きは1月15日の成人の日・・sign02sign02

という感覚がどうしても身についてて、あきまへん。

 

 

行事の季節感がなくなってきてんのか、はたまた私がボ~ッとしててついていけへんのか・sign02

 

自宅近くからけっこう綺麗に見えるポイントがあり、ちょっとの間観てたんですが、

‘ウワ―・・・とか、オーーーツ・・とか’ の感慨がわきません。 

 

年齢とともに、この‘ウワ―・・・とか、オーーーツ・・とか’思う感慨が

日々少なくなってる様におもいます。

 

いろんな経験をつんであたりまえに成長していくことはもちろん大事なんですが、

この “ウワ―・・・とか、オーーーツ・・とか” の新鮮な感慨を感じる日々を送っていきたい

 

と、今日の山焼きを見て感じた今日このごろです・・・マル。。

 

2012年1月24日 (火)

雪景色

モノクロ撮影ではありませんsnow

吉野へ向かう道中(車中)よりcamera

002

2012年1月23日 (月)

ALWAYS 三丁目の夕日 ’64

002


楽しみにしていた映画 三丁目の夕日’64  3D で観てきました。

 

人情味あふれる三丁目のみんな。

     

いっぱい笑って、そして泣きました。

     

あと2~3回は観たいと思ってますsign01

 

http://www.always3.jp/ 

 

2012年1月15日 (日)

FUNKITO ファンキート アーティスト インタビュー

再び、FUNKITOの話題です。 

 

http://bontoro-gu.cocolog-nifty.com/onpu/2011/12/funkito-501b.html

 

ご覧になられたかたもおられるかと思いますが、

2月号の 『 JAZZ LIFE 』 に、3rdアルバム発売に合わせインタビューが掲載されています。

001


金沢発、ニューヨークサウンド FUNKITOの世界 shine

 

インタビューの内容で、

電気的・・? な横文字の音のミックスについて、実はわたくしチンプンカンプンなんですが

一昨年、オリジナル曲も含めKCSSコンサートで快く演奏してくれた彼のインタビューが

ジャズライフ誌に掲載されたことに、ものすごく嬉しい気持ちになりました。

 

ますますのご活躍、奈良の地より応援しています。

2012年1月12日 (木)

距離優先

今日、三重県は鈴鹿方面への仕事があり

道中、針インターで朝8時頃の撮影。

002

気温は0°近くでしたが、日射しがあったので道路は凍結することもなく、

オールシーズンノーマルタイヤ着装の私の車でも無事峠越え。

 

 

・・・

 

午前中に商談を終え、つぎの目的地天理方面に向かうとき

携帯電話がなり、カーナビを何故か・・うわのそらで・・? 距離優先 に設定。 

 

ラジオに夢中になって、これまたうわのそらでカーナビを信じ・・・?

 

 

絶対に対向不可能、山の中へどんどん誘導するナビ。

003

 

(山中の撮影は、とてもではないが無理でした)

005_6左上に国道25号線がみえる。

 

ようやく少し路がひらけ・・? あきらかに無人の民家

004_2

 

なんとか・・・天理市にsign01

006_2

 

夜間でなかって良かったcoldsweats01

 

今日の一句pencil <教訓>

“ カーナビの 距離優先に 御用心 ” 

 

2012年1月 9日 (月)

巨大な覆屋

車中からの撮影。

004


間もなくドッグ入りの薬師寺東塔

003


 

京都こども文化会館へアンサンブルコンテストを聴きに行った帰り

8日夕刻

002


003_2

これから今年度、KCSS初練習に行きます。

2012年1月 1日 (日)

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート 2012

あけましておめでとうございます。

 

恒例のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートnotes

毎年これを聴かないと新年を迎えた気分にならないコンサート。

 

今年の指揮者は、マリス・ヤンソンスnote

 

メリハリがあり元気な演奏で、

選曲も “ 新曲・・? ”

(新曲といっても、耳馴染みのあるフレーズがふんだんに盛りこまれた親しみやすい曲)

が多く、興味深く楽しい内容でした。

 

わたしが最も気に入ったのは、

おそらくニューイヤーでは初の選曲 “チャイコフスキー” の眠りの森の美女よりワルツ。

 

ヤンソンス氏が好んで選曲したんでしょう・・指揮ぶりも音楽と一体、

一番楽しくウィーンフィルのメンバーと演奏されてました。 

 

 

2012年、ことしは家族4人と

去年の5月25日にやってきた飛べない居候・・(こいつ)・・と一緒に迎えました。

003

 

新しい良いことが一つでも多くある様に、

今年一年、元気に楽しく行きたいと思っています。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Img_1543


 

 

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »