フォト
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

チビ と あいつ

チビ 三日目 chick

あいつとの人間・・? 『  』 関係について報告します。

 

チビ・・・あいつに迫るrun

Img_2190



最接近impact  この間 150mm


Img_2191

(このあと あいつ は 自分から退散していきました・・・・・)





チビ
 のねぐらの後方から様子をうかがう こいつ

Img_2187



何事にも動じず、もくもくとお食事中restaurant

Img_2196



飯も食ったし、 さて寝るとするか~sign01

Img_2189


なかなかの大物です。

2012年5月30日 (水)

チビ居候・・がやってきました。

5月29日(火) 晴れときどき急激な雷雨・・・不安定な天候。

大学に通う息子が、バイトの時間をさいて急遽帰宅・・・dash


話をきくと、巣立ちしたばかりのスズメの雛が、農学部の大学構内をウロウロしており

ま~そのうち親鳥が迎えにくるだろうと放っておいて・・・約2時間後。


突然空が暗くなり、急激なゲリラ雷雨 typhoontyphoon thunder thunder




気になって雛がいたところを見に行くとそこにはまだ 『 チビスズメ 』 がうろうろchick


しかもすぐ近くに、獲物をねらおうとする 『 カラスが・・・eye 』




激しい雨・・・雷thunder   このままでは確実に昇天するとみた我が息子は

レスキュウ隊よろしく 『 チビスズメ 』 を保護・・・・。






ということでやってきたのが、このお方chick

Img_2149_2




やってきたすぐは、とにかく憔悴しきっており

とにもかくにも、一年前いまの居候 『 あいつ 』 も入っていたこの巣で眠っていただくことに。





Img_2159

 

(一晩爆睡・・・sleepy sleepy

 

Img_2161

翌日、朝5時前にお目覚めになった様子。



なんとか 『 あいつ 』 の主食であるすり餌をお召し上がりになり段々と元気に。


Img_2169

娘の肩にしがみ付く 『 チビ 』


たまたま今日娘が休みだったので、この 『 チビ 』 と 『 あいつ 』 の世話。

とにかく食欲旺盛だったらしく

へやの中を飛行し、落ち着き場所をみつけたのが

このカーテンレールの上。








Img_2176

ま~、自分でえさが食べられるようになるまで

もうすこし居候してもらうことにします。

2012年5月25日 (金)

こいつ 一年

なんどか、このブログで紹介した 『 こいつ (あいつ)chick 』

Img_2143

5月25日、縁あって我が家に居候してから今日で一年が経ちました。



生まれてすぐ、なに者かに襲われたのか・・? 左ウィングが半分しかなく

飛ぶことが出来ません。

しかも二か月ほど前、元気に走り回ってつまずいたのか・・・?

左足の前三本の内側を骨折し、そのままかたまった状態。


しかし、なにごともなかったように逞しく部屋中を走り回ってます。




物思いにふけっておられる様子think

Img_2138




カメラに向かい、お怒りの様子pout


Img_2142

自然界に戻っていただこうと何度かこころみましたが叶わず

居候して今日で一年・・sign01






達者でいてくれることがなによりです。


一年前の 『 こ・い・つ 』

Img_1088

2012年5月24日 (木)

福みどり

奈良県高市郡明日香村 『 萩王 』 究極のデザート 

『 福みどり 

Img_2133 





最高級抹茶を使ったババロアに


Img_2136

和三盆を使ったゼリー、数日間かけて煮込んだ本格黒豆をトッピング。






品のある色合い、ガラス容器、トータルデザインも魅力sign01


Img_2132

絶品ですshine

http://www003.upp.so-net.ne.jp/hagiou-88/

2012年5月21日 (月)

里山学連続講座 2012年度 第一回 (公開)

うん十年ぶりに学生にもどって、講義を受けてきました。

Img_2125

場所は、近畿大学農学部


Img_2124

農学部環境管理学科の公開講座。

若い学生に交じって(自分も若いとおもっている方々と共に)

日曜の午後1時~4時までふたつの講演。



講演1. 『自然環境保護にまつわる複数の視点』 講師 : 津堅 信之 氏

      ~宮崎駿のアニメーションを例として~

講演2. 『モラル・エコノミー論からみた里山の意義』 講師 : 鶴田 格 氏





今、学生に戻ったらもっと偉くなれるんちゃうか~・・・





農学部のキャラクター “ 霞(かすみ)近太郎 ”


Img_2126

次回講座は7月。

また近太郎に会いに行こうと思っている今日このごろです。

2012年5月20日 (日)

大阪城ジャズフェスティバル 第22回

この時期、毎年楽しみにしている関西学生ビッグバンドの祭典

第22回大阪城ジャズフェスティバル

初日の夕方から出かけてきました。

Img_2106



Img_2104龍谷大学

Img_2107立命館大学

そして、本日のお目当て

大阪城出演経験者によるスーパー選抜ビッグバンド

 Double Force Jazz Orchestra 』

Img_2109

リーダーの超絶技巧ソロでスタートsign01

Img_2110

なんとボントロも加わり、一糸乱れぬスーパープレイsign03

Img_2111

 

そしてこのバンドの名物・・? 迷司会者coldsweats01

Img_2113

じっとしていませんrun

Img_2112

しかし今回は、本職・・?のボントロソロも披露  うまかったよ~notes

Img_2117

愛のあるバラードを聞かせてくれたアルト。

Img_2115

大阪城天守閣に突き刺さるハイノートimpact

upupImg_2116


あんたらほんまにアマチュアか~~sign03

おそれいりました。


ゲストバンドの The Global Jazz Orchestra

Img_2119

可憐な容姿からは想像できない素晴らしいソロプレーを披露してくれたリードアルト。

Img_2122

張りのある声でパワフルな小柳淳子さんのボーカル。

Img_2121 


バリサク特集

龍谷大学の彼女・・・楽器がイタについてます。

Img_2105

ダブルフォースの彼・・・これぞバリサクの音・・・楽器も渋いshine

Img_2114

グローバルのダルビッシュ嬢・・・存在感がありました。

Img_2120



聴いたのは4団体のみでしたが、実にお得感満開のコンサート

(500円でしかもスポンサーのお土産付)

学生バンドが例年に比べ元気がなかったのがちょっと残念でしたが、

なんといってもダブルフォースのパワフルで説得力のある演奏に大満足でした。

来年もこの調子で、ぜひ続けていってほしいと思います。

がんばれ~~sign03





帰りがけに前を通った、今渦中の大阪市音楽団の練習場。



Img_2123

市民文化の火を消さないで下さいよ・・橋下さんnote

2012年5月17日 (木)

惣菜のわかる「八百屋塾」 第40回目

FRUXグループ主催の、惣菜のわかる「八百屋塾」

今回がなんと40回目の開催sign03

この会社の、そして黒田社長の “想い” が伝わった結果として

40回という大きな節目に達せられたことに、敬意を表します。


 

今回の講演、高齢者の食事に関連した試食会でのメニュー。

Img_2098 

20代の若い管理栄養士さんが、

55年前からこの仕事をされているという大ベテランの講師の先生のアドバイスを得て創られた

今回のメニュー。


Img_2096

からだに良いことはもちろんですが

そこには食事を楽しむための美味しさが、さらに加味されていました。


Img_2097

食に関する仕事は星の数ほどあり、

もちろん商売ですから採算が第一でしょうが、

この楽しむ美味しさの原点が最も大切なことを今日感じました。

Img_2099

添えられていた吉野杉の箸。

おもてなしの心に感謝です。

2012年5月13日 (日)

新入生歓迎会 ~矢田少年自然の家~

恒例の、奈良工業高等専門学校吹奏楽部の新入生歓迎会に参加してきました。 


場所とメニューは、矢田少年自然の家でカレー作りsun 


カレーの作り方など、吹奏楽経験があるというこの施設の担当の方から伝授sign01

Img_2069

真剣な後ろ姿。 



各班に分かれて作業開始。

Img_2074 



飯盒でごはん。


Img_2076 




大量のカレールー。

Img_2078 



マイコップ


Img_2080

(イラストに個性がでてますな~happy01) 




ルーを投入impact

Img_2081




わたしの班は、特製・・・うどん入りsign02

Img_2082
 





ごはんはバッチリscissors

Img_2084 





うどん入りスペッシャルカレーの完成shine


Img_2087


Img_2090

(おいしくいただきました) 






仲のいい、元気なラッパ隊6人衆。

Img_2093

序列がハッキリしてますcoldsweats01






食後のかたづけ。

Img_2094_2 






今年の新入生。新戦力の面々sign03


Img_2065

これからが楽しみです。







活きの良い音で、いい演奏たのんまっせ~note


Img_2067
 


2012年5月 4日 (金)

高槻ジャズストリート2012 5/3

今回、わたしのお目当ては ふたつscissors

まずは、昨年からはじまった ワークショップ

Img_2035

会場 : 大阪医科大学歴史資料館別館 (国の登録有形文化財)

ジャズピアニストの岸ミツアキ氏による 『 トークライブ 』

ご本人曰く

ほかの講師のはみんな 『 ~講座 』 やのに

なんでおれだけ 『 トークライブ 』 やねん sign03





仕込んだ・・?時事ネタなども盛り込み、じつに軽妙なトークで聴衆を飽きさせることなく

もちろん自分の音楽に対する想いなどもあちこちに散りばめながらの講座

ピアノのセンスはもちろんですが、ナイスガイshine を感じました。

トークライブ・・?終了後、会場で購入サインしてもらったCD INCENTIVE

Img_2044


続いて開講されたのが、このジャズフェスの仕掛け人ともいうべき人物

ベーシストの蓑輪裕之

世の中にジャズが誕生した話を、

ヨーロッパ民族とアメリカ民族の歴史的事実などを盛り込みながら実に興味深く、

そして解りやすく講義してくださいました。

この二つの講座の最初に、意気の合ったこのお二人のライブ演奏が聴けたのも二重丸sign03

定員100名ほどの部屋での講座でしたが、これだけで今回高槻まで行った値打ちはsunsun 





途中、阪急高槻駅前で演奏中の、ラッパセクションによるライブ(シルキーラッパ隊・・?)

Img_2033

若い炸裂するラッパで観客を魅了impact









つぎなるお目当て、高槻現代劇場文化ホール3F レセプションルームへ移動run

200人以上は入ると思われる会場は立ち見で満員。

東西クラリネットの名手の競演

滝川雅弘カルテット feat. 谷口英治

Img_2039_2





エッジの効いた音note  次から次へと湧きでてくるフレーズで躍動感あふれるプレイ。

『 滝川雅弘 』

Img_2041


容姿がどことなく“大森南朋・・?”

太く包容力のある音note(特に低音域が魅力的)  自由自在の谷口節で観客を魅了。

『 谷口英治 』

Img_2040

日本を代表する、東西ジャズクラリネット名人二人に拍手喝采sign03

大野綾子(pf), 宮上啓仁(b), 高坂照雄(dr)

 

高槻ジャズストリート2012

第14回をかぞえる、ゴールデンウィーク恒例

高槻 JAZZ STREET 2012   

初日の5月3日に、今年も行ってまいりました。

Img_2043


毎年の事ながら、多くの市民ボランティアに支えられたこのイベント。


数年前までは、とにかく “ 一生懸命 一丸となって ” という空気が高槻じゅうにあって

盛り上げられていた様子がちょっと変わってきたように感じました。



スタッフやボランティアの動きが自然・・・sign01

やってくるお客様の雰囲気も自然・・・sign03



まさに 『 円熟期 』 に達しているといっても過言ではないイベント・・・sign01sign01




もちろん各会場は、マナーの行き届いた満杯のお客さん。

参加ユニットは、プロ・アマ合せて600団体を超え

一時期のように、超ビッグなゲストプレーヤーを招聘しなくても

おそらくこのイベントはこれからも継続されていくのではと今回特に感じました。


高槻現代劇場 オープニングの様子

Img_2031



わたしの行ったところの感想などは、また明日にでも・・・paper

 

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »