フォト
無料ブログはココログ

« スズムシの羽化 | トップページ | 西井康元と藍山会本藍染作品展 »

2012年6月14日 (木)

藤城清治 影絵展

Img_2259

光と影のファンタジー 藤城清治 影絵展にいってまいりました

(奈良県立美術館)


平日の昼間というのに、人・人・人・・・sign03 

しかもその9割は女性ばかり(ちょっとお年を召された・・・)。

まず驚いたのは、その展示作品の多さ。

(作品リストをみると、なんと249点



きょうは作者ご本人が来られてるということもあり

大盛況でした。


小人・動物・音楽・自然

イエスの教え


鮮やかな色彩の美しさだけでなく、

メルヘンチックな作品の中に込められているメッセージが心にきます。



今日こころにのこった言葉。

この地球に、人類だけがすんでいたとしたらこんなつまらないことはない。

鳥・猫・・・などいろんな動物たちや自然と共存してこその魅力のある世界。



米寿記念特別展 

(特別協賛:近畿日本鉄道・南都銀行・JAならけん・柿の葉すし本舗たなか)


6月24日(日)までの開催です。

Img_2262

« スズムシの羽化 | トップページ | 西井康元と藍山会本藍染作品展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

台風が近づいていましたが、昼から友達と見に行きました。夢の中をさまよっているようで、5時になりますので閉館しますとアナウンスが入り、2時間半近くも見ていたのだと我ながら驚きました。水槽の向こうに飾られた影絵が水面に写り、また左右に鏡が立てかけてあるので絵がずうーと左右の奥まで続いているような錯覚に陥る趣向は素晴らしいでした。88歳のご高齢にもかかわらず、創作意欲に満ち溢れておられる作者に、パワーをいただきました。年だからと言えないなあと大いに反省させられた次第です。帰りに生駒の近鉄百貨店に寄ろうと店に近づくとシャッターが下りています。何でと思ったら、小さい張り紙がガラスに張られていて、台風接近のため、5時に閉店しましたと書かれていました。近鉄鉄道を利用しているのだから、改札口付近に案内を掲示してくれてもよさそうなのにと腹が立ちました。せっかくいい気分で帰ってきたのにぶち壊しです。

平群の里の恵み さま

影絵展すばらしかったですよね。
童話メルヘンの世界をたどっていくとあっというまに・・・。

わかります!

藤城氏の作品にでてくる小人(こびと)から、教えられるものたくさんありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448399/45657052

この記事へのトラックバック一覧です: 藤城清治 影絵展:

« スズムシの羽化 | トップページ | 西井康元と藍山会本藍染作品展 »