フォト
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月26日 (水)

龍谷大学吹奏楽部 第39回定期演奏会

Img_2721

龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部 第39回定期演奏会

毎年クリスマス時期恒例の演奏会。


私は、2007年~毎年聴きに行かせてもらってるので今回が6回目になります。


充実した編成で個々人のメンバーの技術も高く

指揮者である音楽監督との信頼関係も深く、レベルの高い演奏で楽しませてくれます。


今年は例年以上に粒ぞろいのブラスセクションを中心に、東欧の音楽を中心に聴かせてくれました。

まず第一部で印象に残ったのは、

コンサートの一曲目に演奏された、スミスのフェスティバル・バリエーションズ。



最近また流行で、特にコンクールの全国大会などでは

高校生が青春のすべてを賭け、目の色を変えてこの難曲に挑み、いわゆる『熱演』の多いこの名曲。


冒頭の有名なホルンのメロディーは良く通る音で難なくスタート。


全体に余裕すら感じられる演奏で、指揮者との一体感もあり私の中では今日の一番!


中間部は、指揮者のスタイルからかややあっさりした解釈でしたが、

演奏会のスタートにふさわしく、さわやかでダイナミックなサウンドで華麗な演奏。


クラリネット・アルトサキソフォン・テューバに名人級の人材が見受けられました。


もちろんホルン隊はユニゾンの超ハイトーンを含めブラボー。


しかしこの曲は、バスクラのソリスト泣かせの曲。

後半、曲のエンディングかのように思える盛り上がりのあとのピアニッシモのソロ。

今日の演奏でもお客様の熱のこもった・・?拍手が入り、ほとんど聞きとれませんでした




第二部

クリスマスプレゼントとして、プログラムにないコンクールで演奏された課題曲

『さくらのうた』でスタート


大河ドラマのテーマを想わせる様なゆったりした曲で、指揮者の想いが伝わってきた秀演。


続いて演奏されたのがコンクールの自由曲で、龍大メンバーをよく知ったうえで編曲された

『ハンガリー狂詩曲第2番』

演奏は、文句の付けようがない100点満点の内容。

コンクールは残念な結果に終わったようですが、

要は、このバンドの “カラー” の問題かとおもいました。

(龍谷大の持ち味は、やはり吹奏楽のオリジナル曲で発揮すると感じましたが・・・)

ここでもクラリネットとアルトは名人級のソロsign01




ちょっと話はそれますが、

毎年感心するのは一曲ごとに理路整然とスムーズに舞台転換される動きsign03

マーチングをやっておられる成果が、ここにも表れているんでしょうか・・・お見事です。




さて今日のメイン曲、ティンバロン奏者をゲストに迎えての組曲『ハーリ・ヤーノシュ』

東欧民族の匂いが満載の曲で、

ゲスト奏者の演奏が、編成上あまり生かされてなかったのは残念でしたが

普段あまり耳にすることの少ない音楽は聴衆にとって興味深く、演奏はもちろん大熱演。

(バストロンボーンがすばらしく良い音出してました。)



指揮者・奏者一体となって意欲の感じられた大熱演でしたが、ここでもちょっとここのバンドのカラー(選曲)の事をを感じました。



いずれにしましても、多くのファンと音楽環境に恵まれ

伸び伸びと演奏する学生の姿に感動すら覚えます。



来年もまた楽しみにしています。



Img_2724

2012年12月18日 (火)

運を育てる

『 運を育てる 』 ~肝心なのは負けたあと~



平成五年に購入したこの本。

ことあるごとに何度も読み返してきた、私にとって指南書ともいえるこの一冊。

Img_2710


幸運の女神は、『 笑顔 』 と 『 謙虚 』 を好む。




米長邦雄氏がお亡くなりになりました。

本当に残念でなりません。


心より、ご冥福をお祈りします。





あらためてまた、今から読み返してみようと思います。

2012年12月15日 (土)

OSAKAアート&てづくりバザール

場所は、大阪南港

Img_2704

案内を受け、ATCホールで開催のOSAKAアート&てづくりバザールに行ってきました。

http://www.tv-osaka.co.jp/event/makingbazaar/


出展ブースの多さと、楽しみに来られているお客さんの熱気sign03

Img_2706_2

それぞれのブースには、特徴のある品物がずらり。

出展されている方々に個性があり、話を聞くだけでも興味深々。




山桜をくりぬいた焼酎ボトル。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~shiba-kogei/

Img_2708_5




ミニ活版印刷機。

http://kappan.did.co.jp

Img_2707_9







すりばちの専門店

http://suribachiya.com



特徴ある箸の専門工房

http://miyabow.com



初対面で、目を見てインスピレーションで言葉を個性ある筆文字で記す路上詩人

http://aho-taisyo.seesaa.net



入場料600円でブース全部見て回るだけでもお得感。

明日16日も開催されてます。

2012年12月14日 (金)

ふたご座流星群

朝5時。


きょうの早朝散歩は、上空を意識して・・・sign01


今の時期は月明かりもなく真っ暗で、今日は雲ひとつない絶好の天気。

かすかに天の河が見え、ほぼ天上の位置にあの北斗七星がはっきりと観えます。

ふたご座流星群を意識して、上空を観ながらの散歩。



主に東南の方向に向かう流星を約一時間の間に十数個確認出来ました。





瞬間・瞬間の出来事で、儚い願い事をする間もなかったですが、

いろんなひとの願いが通じれば良いな・・・てなちょっとロマンチック・・?な想いをめぐらしhappy01



6時前、東の稜線がうっすらと見え始め、気温が急激に下がってきたので

早足で引き揚げた今朝の状況でした。

2012年12月 9日 (日)

奈良マンドリンギター合奏団 定期演奏会

奈良マンドリンギター合奏団 第31回定期演奏会を聴きに行ってきました。

Img_2694


仕事で関係のある経営者の方が主宰されているこの合奏団



なんと1979年設立の歴史ある団体。


私は、今回聴かせてもらうのが2回目なんですが、

とにかく30数年におよぶ活動を継続されてきたことに敬意を表します。







舞台に吊られていた歴史あるペナントsign01

Img_2697_7






メンバーの皆さんは、40代後半から50・60代の腕におぼえのある面々

ベテラン中心で在籍年数も長く、気心の知れたメンバー構成とお見受けしました。

Img_2698_3




演奏会は三部構成で、指揮者も三名が登場。

それぞれが持ち味のある演奏・指揮で、

楽曲研究も行き届き、興味ある内容でした。



管・打楽器中心の音量の出る楽器で音楽活動を行ってる私にとっては

マンドリン合奏という、どちらかというと繊細で耳をすまして音楽を聴くという事に

実に新鮮な経験をさせてもらいました。

http://naraman.ciao.jp/

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »