フォト
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月24日 (日)

ホロヴィッツとの対話

三谷幸喜作・演出 「ホロヴィッツとの対話」の公演に行ってきました。

Img_2998

Img_2999


http://www.parco-play.com/web/play/horowitz/

あのわがままで、歴史的な天才ピアニスト ウラディミール・ホロヴィッツ(段田安則)が

調律師フランツ・モア(渡辺 謙)の自宅で食事をするという設定。


モアの妻エリザベス(和久井映見)

ホロビッツの妻ワンダ(高泉淳子)


ぶっ通し2時間10分の舞台。


一瞬たりとも飽きることなく、楽しむことができました。


映画のイメージが強い渡辺謙が、舞台に復帰という興味もあったこの話題作。

四人の出演者を観て、改めて舞台役者の 『 すごさ 』 を再認識。



内容や役者はもちろん素晴らしかったんですが

わたしが今日一番興味をもったのが陰で演奏されていた 作編曲・Pf の

荻野清子さん。



三谷さんのアイデアでしょうが、

ホロヴィッツが 『まともな女性ピアニストはいない』 というくだりで、

影絵的に存在をアピールされていたところ。


その “一瞬”に彼女のお人柄 を感じましたhappy01



終演後の挨拶に役者と一緒に登場。



音楽的なセンスはもちろん、

いっぺんにファンになってしまいました。

2013年3月21日 (木)

大和郡山 お城まつり

Img_2992

今年第53回を迎える春の恒例行事、大和郡山お城まつり。

(3月29日~4月12日)

準備が着々と進んでいます。





有名な撮影スポット、しだれ桜は準備万端・・・今が旬cherryblossom

Img_2991

お城一面に“華”を咲かせてくれるソメイヨシノは

開花寸前sign01

Img_2993


ただ、歴史ある大和郡山城の桜は高齢化の一途をたどり

こういった老木があちこちに見受けられます。

Img_2994





枝振りもどことなく寂しくなっているのが現状。

Img_2995


でもそこは大和郡山市に春本番を告げるお城まつり。

恒例の KCSS 春のメイン行事 “まちかどコンサート” は

4月7日、三の丸会館前広場で13:00~開催します。





ところかわって、天理教教会本部東側の桜並木。

今まさに満開、見ごろです。
Img_2996

2013年3月16日 (土)

いかなごのくぎ煮

今が旬、新鮮な いかなご



クギ煮
・・・というくらいですので、豆を煮るときにいれる錆びた釘をいれるのか・・?


と思いきや、佃煮にした姿がクギに似ているので クギ煮 という説であるようです。



であれば、クギ似 が正しいかと思うんですがいかなご・・?(いかがな)ものかとcoldsweats01

Img_2950




くぎ煮のたれなる便利なものがあり

娘が40分位かけて佃煮にしてくれました。

Img_2951_8



出来上がったクギ似

Img_2961


タレのせいか、やや甘口ですが。

ごはんがすすむ、旬の一品です。


2013年3月10日 (日)

石上神社

先日(たしか二週間位前)、rain雨上がりの石上神社に立ち寄った時の写真です。

Img_2884




神の使い・・?の鶏たちが迎えてくれます。

(放し飼いにされてます)

Img_2874






ご神木の前にたたずむと、数百年・・?この樹木が見つめてきた時空を感じます。

Img_2888




雨上がりの日差しで、

霊気のような湯気が立ち込める風情。

Img_2882



なにかわかりませんが・・・


たしかに “ なにか ” を感じたひとときでした。



Img_2891

2013年3月 9日 (土)

これが奈良の表玄関・・・??

この映像、なんだと思われますか・・・?

Img_2863

モアイ像ではありません!


奈良の表玄関、新大宮駅周辺の風景。

Img_2864



ムクドリ大群の寝床として有名・・・?な新大宮周辺。

住民の苦情から、テスト的に樹木を伐採したとの新聞記事。


わたしには決して、テスト的には見えません。


どういった経緯でこのような結果になったのかは知りませんが、見識を疑います。



もちろん住民の方々の切実な苦情は理解できますが、

伐採にいたった経緯は、単なるお役所仕事としてしか私には見えません。

Img_2865



いろんな方面から意見を集約して住民も一緒になって解決方法をいろいろやってみる。


また、ムクドリの習性に詳しい機関などの意見を求め、研究としてやってもらうとか

(近くの近畿大学に、生態系を研究する環境管理学科などがあるではないですか!)



ヒトの苦肉の策、この電線・・・

ムクドリ達はいかにもヒトを小馬鹿にして平気で留まっているのをみかけました。

Img_2862



なぜ、この場所を好んで生息するのか・・・から始まって、ムクドリにも機嫌よく立ち去っても

らう方法を探っていくとか。


それこそ効果があった提案には、懸賞金を出すとか



もっといろんな方法
があったとおもいます。



樹木がいちばん可哀そう。



世界的な文化遺産の宝庫、表玄関の新大宮周辺。


なんか哀しいかぎりです。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »