フォト
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月24日 (日)

全国金魚すくい選手権 第20回記念大会

恒例の全国金魚すくい選手権

今回は第20回の記念大会。

Img_4521_800x415




開会式前のウェルカム演奏。

記念大会に合わせ、開会ファンファーレも格調高く “新調” しました
Img_4522_800x457



テレビカメラも間近に、大会のムードが盛り上がります。

Img_4523_800x600





大スクリーンにライブで映し出される画像。
Img_4525_800x791




競技前、審判スタッフも緊張。
Img_4526_800x277




全国大会に選ばれた少年少女選手団。
Img_4527_800x181





名物司会者タージン氏に、
Img_4528_800x371



うわさのこの方も登場。
Img_4530_800x419





屋外でも、楽しめるブースが盛りだくさん。
Img_4533_800x250





大会を盛り上げるマーチングバンドのリハーサル風景、
Img_4534_800x310






初お目見えのフロート・・・?
Img_4536_800x600





23日24日の二日間にわたり、大和郡山市金魚スクエアにて開催されています。
Img_4537_800x517

2014年8月14日 (木)

其礼成心中 (それなりしんじゅう)

三谷幸喜が “ 文楽 ” に挑んだ笑いと人情にあふれた新作

其礼成心中(それなりしんじゅう)の公演を観にいってきました。

Img_4509


曽根崎心中のパロディー版 『 其礼成心中 』


Img_4512_620x800

出演は、竹本千歳大夫・豊竹呂勢大夫・鶴澤清介・吉田一輔ほか錚々たるメンバー。



文楽は、義太夫語り・義太夫三味線・そして人形遣いそれぞれが一体となって演じられ、

最初は、黒子の人形遣いと人形・語り・三味線と違和感が感じられるんですが、

気が付くとそれらは自然に消え、人形に感情移入。


人形が人間よりも人間らしくなっていく見事な芸術。

(生でないとこの良さは伝わらないとおもいます)



さてこの三谷作品。

本来の文楽にはないテンポと語り口調。


大阪弁まるだしで進められる三谷文楽は初めて見る人でもわかりやすく

随所に人情と笑いが絶えない作品で、英語の同時字幕も表示されていました。


普段、正式の・・? むずかし~~い顔をして語られる義大夫も、

「お前らそこで何してんねや」


「ちょい待ち、ちょい待ち」


「何すんねん、逆ギレか・・・」



こんな調子で違和感がありながらも、お客さんの反応が良いので

結構楽しんで演じられていたように感じました。



Img_4511_651x800


開演前には三谷人形も登場し、会場の空気を三谷ワールドに演出。

Img_4510


終演後はもちろんカーテンコール。



若い人形遣いの本当の顔も見え

実に楽しい、あっという間の二時間でした。

2014年8月 1日 (金)

KCSS 2014 レギュラーコンサートのご案内

KCSS  2014年 レギュラーコンサート の案内状です。

Img_4476_800x522



2014年 9月28日(日)
 今年は、なら100年会館での開催 (14:00開演)。



今年のテーマは 『 祭り 』


みなさま良くご存じの日本民謡などを、

KCSS ならではのゴキゲンなアレンジで聴いて頂きます。



二部には、KCSS のレパートリーである古き佳き時代の名曲はもちろん、

今年は、ゴージャスでお洒落な ピアノコンチェルト も披露します。


Img_4477_800x327

ご来場こころよりお待ちしております。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »