フォト
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月21日 (日)

惣菜のわかる 「八百屋塾」

第60回 惣菜のわかる 「八百屋塾」 に参加させてもらいました。

以前にもブログに書いたことのある企業で、FRUXグループ。

http://www.frux.jp/




毎回無料で開催されるこの催しは、

同業者・異業種にかかわらず、広く門戸を開き

共に歩んでいこうという勉強会。


社員の皆さんも、お客様を迎えおもてなしをすることで成長するという経営者の想い。



しかも自分の会社が進もうとしている理想像、現実のワークを外に向けて発信。




ライバル企業同士の情報交換や勉強会といったものは、

言葉わるく言いますと、他人の腹を探りあう部分というのがあるのが普通ですが、

この会社は、「 本当に 」 企業の理想像・目的といったものを社会に向けて実現していく。


そんな空気を感じます。



ほんとうです。



営業成績・利益だけにこだわりがちな日常業務。



縁あって、すこしだけこの会社とお付き合いさせてもらってますが

黒田社長を筆頭とするこの企業。

言葉では簡単ですが、人としてあたりまえのことを日々実践していくこと。



今回の参加者数だけをみても、その姿が伝わります。



見事なおもてなしで、こころから迎えてくださった社員のみなさん。

ありがとうございました。

2016年2月14日 (日)

五嶋龍の「題名のない音楽会」

昨年10月から

バイオリニストの五嶋龍氏に代わった

クラシック音楽世界一の長寿番組 「題名のない音楽会」

http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/


興味ある内容満載で、毎回楽しませてもらっています。




今日のゲストは、ピアニストの辻井伸行氏。



辻井氏の演奏は、全くと言っていいほど見得や変な小細工がなく

作曲家の意図や本質をとらえた音楽の “純” を表現。



まさしく氏のお人柄そのものだと思います。



次週も楽しみにしています。

2016年2月 7日 (日)

魅惑のイタリアン&誕生≪第5≫!

いずみシンフォニエッタ大阪 第36回定期演奏会

今回のテーマは、魅惑のイタリアン&誕生≪第5≫!

Cimg0060_800x747

指揮者に、三ツ橋敬子 ・ ソプラノに、太田真紀 を迎えての演奏会。

指揮者の三ツ橋敬子さん。


キュートで小柄なお姿からは想像できない、

ダイナミックで的確な棒さばきから醸し出される情熱あふれる音楽。


小沢征爾さんの若いころの指揮ぶりがダブって見えたのは私だけでしょうか・・・?


西村さんとのトークでは、

飾らないそして頭の良さをかんじさせられるお人柄に魅せられました。

いずみシンフォニエッタのメンバーとの息もピッタリ。


これから益々注目の指揮者です。



西村朗作曲の本邦初演 室内交響曲 第5番


2楽章から登場する太田真紀さんの素晴らしいソプラノ。


高音はもちろん低音域までクリアに届き

ホールに響きわたる透明感のあるダイナミックかつ繊細な声で表現されたこの曲。



二日前にこのホールでのリハーサルを拝見できる機会があり、

曲の解釈など、難しいことはよくわかりませんが、

今日、いずみホールでプロフェッショナルな集団が本気になって再現したこの瞬間。

でてくる音は同じでも、明らかに異なる今日のこの時空。



西村朗の世界。



この曲の初演、今日この時空に居合わせることの出来た幸せに浸ることができました。


おそらく、ご自分の想像された以上のものが具現化されたのでしょう。

終演後、いつもあまり顔に出されない西村さんの感極まった表情が印象にのこりました。

作曲者冥利につきる瞬間を見せてもらったように思います。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »