フォト
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月11日 (日)

上原ひろみ JAPAN TOUR 2016


上原ひろみ 「 SPARK JAPAN TURE 2016 」

待ちに待ったこのライブ。

場所は、フェスティバルホール。

http://www.hiromiuehara.com/tour2016/

Cimg0638





生ライブのひろみワールド、私は今回二度目。

(前回は、奈良県葛城市でのライブ)

http://bontoro-gu.cocolog-nifty.com/onpu/2014/11/post-d059.html

広くて音の良い新しくなったフェスティバルホールは、当然のことながら超満席。

男性のお客さんがやや多いのでしょうか、7(男性):3(女性)くらいの割合。


最初の一音が弾かれた瞬間から、ひろみ音楽絵巻のスタート。


時間のながれをも忘れる演奏の連続で、ひろみの音楽は突き進む。



メンバーは、

このトリオ新鋭の若手、“ Hadrien Feraud ” のベース。

そして “ Simon Phillips ” の完璧で、お茶目なところも魅せてくれるドラム。



後半プログラム、上原ひろみのソロ曲。



音楽の妖精が天空から彼女の身体に舞い降り、

ピアノから奏でられた素晴らしい調べに、心から感動。


ほんとうにありがとう。


今年はツアーで5大陸を渡り歩いたとのことですが、

それこそ地球を飛び出して

宇宙船ひろみ号 」 は、これからどんな世界に連れて行ってくれるんでしょうか



ものすごく楽しみです。

Cimg0637

2016年12月 5日 (月)

龍谷大学吹奏楽部 第43回定期演奏会 ~その弐~

第二部


全日本吹奏楽コンクール金賞受賞の自由曲 「火の鳥」

“質実剛健” 圧倒的で文句なしの演奏。



コンクール時間制限の関係で、

音楽の内容が頭と尻尾だけになってしまったところは、いざ仕方ないところでしょうか。


大太鼓の “ ドン” が印象的。



再び登場の、外囿・アンドレ  デュオコンチェルトに続き



ラストは、ウエスト・サイド・ストーリーよりシンフォニック・ダンス


バーンスタインの音楽絵巻を熱演。

年末の大阪公演(ザ・シンフォニーホール)まで、まだ伸びしろのある演奏。


最後まで安定感があり、充実した内容の演奏会でした。


これに、数年前までの名人級木管楽器プレーヤーを擁した品やかさが加われば

学生の吹奏楽界では他の追随を許さない存在になることと確信します。

これからの龍谷大学吹奏楽部のさらなる進化、一ファンとして益々楽しみです。





二部プログラム

1. バレエ音楽「火の鳥」より

  作曲:ストラヴィンスキー   編曲:G.M.デューカー

2. GEMINI CONCERTO (世界初演)

  作曲:P.スパーク

3. ウエスト・サイド・ストーリーより「シンフォニック・ダンス」

  作曲:L.バーンスタイン   編曲:P.ラヴェンダー 

Cimg0636

2016年12月 4日 (日)

龍谷大学吹奏楽部 第43回定期演奏会 ~その壱~

ここ数年著しい発展を遂げ、進化する龍谷大学吹奏楽部。

今年も、恒例のびわこホールでの定期演奏会に行ってきました。

Cimg0635

第一部、

児玉コーチ指揮による最初の二曲から、龍大パワーの炸裂。



日本ハム大谷の大飛球ではありませんが

この広い会場の天井まで届きわたる素晴らしい音色をもった “エースラッパ” を擁し、

超絶技巧を要する意欲的なオリジナル曲を、こともなげに演奏する学生諸君に賞賛!



そして音楽監督若林義人氏の登場。



今回のゲストプレーヤーは

あのスーパーユーフォニアムプレーヤー・外囿祥一郎氏。

トランペットにアンドレ・アンリ氏。



アンドレ氏のラッパは、トランペットというより

輝かしく、そして柔らかい “オーボエ” のような音色で歌ごころ満載の調べ!



グローフェのグランドキャニオンを思わせる 津堅直弘作曲、Duo Concertante では

優しくてあたたかい、柔らかなメロディーを二人のデュオで聴かせてくれました。




一部最後の曲は金山徹編曲による パリのアメリカ人 。



音楽監督 “大のお気に入り” の曲、そしてアレンジなんでしょう!!



暗譜での指揮も含め、そのことが伝わってきます。

学生との信頼関係も随所に見える好演に拍手。




第一部 プログラム

1. THE ORYMPIC SPIRIT

  作曲:J.ウィリアムズ  編曲:J.カーナウ

2. Asphalt Cocktail

  作曲:J.マッキー

3. Duo Concertante (世界初演)

  作曲:M.ケンツビッチ

4. パリのアメリカ人

  作曲:G.ガーシュイン  編曲:金山徹

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »