フォト
無料ブログはココログ

« 夢に手足を! | トップページ | でてきましたよ! »

2018年2月11日 (日)

いずみシンフォニエッタ大阪 第40回定期演奏会

幻想と衝撃の夢体験


知っている曲が演奏されるコンサートでは、

その曲でどんな再発見があり、新しい感動を聴かせてもらえるのかといった

期待感がありますが、

いずみシンフォニエッタ大阪のコンサートは

毎回、世界初演の意欲的な新作を聞かせてもらえる楽しみがあります。

Cimg0931




第40回の記念定期演奏会。


一曲目は、レスピーギのローマ三部作から川島素晴氏の編曲で

ローマの噴水をローマの“いずみ”として、“松” “祭り” の部分も散りばめられた作品。



二曲目は、西村朗氏による新作:オーボエ協奏曲「四神」。

朱雀/夏 ・ 白虎/秋 ・ 玄武/冬 ・ 青龍/春

四つの楽章からなり、オーボエ属4本の楽器をつかって表現された新曲。


曲は難解で、すぐに理解できて感動するというものではありませんでしたが、

ご自身のイメージを楽譜に記し、それをオーケストラ作品として具現化される。

現代を代表する名作曲家:西村朗氏の才能に改めて感服。

見事に再現されたオーボエの名手トーマス・インデアミューレ氏の素晴らしい演奏。

そして指揮者の飯森範親氏・いずみシンフォニエッタ大阪の名手たち。




最後の曲は

カーデル作曲の:フィナーレ

指揮者が曲の最後で演奏中に倒れてしまうといった演出がある衝撃的な曲。



いずみホールが改装に入り、第41回定期演奏会は来年の3月との事ですが、

次回も楽しみにしています。

« 夢に手足を! | トップページ | でてきましたよ! »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448399/72895312

この記事へのトラックバック一覧です: いずみシンフォニエッタ大阪 第40回定期演奏会:

« 夢に手足を! | トップページ | でてきましたよ! »