フォト
無料ブログはココログ

« 旬のお土産が届きました | トップページ | 雨中のお客さん »

2018年9月 4日 (火)

米朝一門会

個性ある落語家集団米朝一門の面々が、やまと郡山城ホールにやってきました。


大ホール会場は満席。 年配の方が中心でしたが

米團治さんや吉弥さんも来るとあって、私を含む?若い世代のかたもチラホラ。

Dsc_0720


実力派の若手、ざこば師匠の弟子そうばさんの前座にはじまり


地元九条公園のファミリープールや城ホールの駐車場のクレーム?までも笑いにし、

会場の空気をいっぺんに掴んだ吉弥さん。

本題の創作落語はさすが!  私は一門の中でも一番うまいと思います。



中トリに、ざこば師匠の登場。

脳梗塞から復活した話から上燗屋に・・力の入った高座。

よもやま話できらくに盛り上げてくれはった方が、お客さんも大喜びするとおもいましたよ。




中入り後は、待ってました米朝事務所代表取締役社長の登場。

お約束の自虐“ボン”ネタのつかみから得意の芝居噺“七段目”はお見事の一言。

米團治襲名時の挨拶で春団治師匠のお宅に携帯電話を忘れる話は大爆笑。

多少話をもっておられるでしょうが、このひとなら許される。 最高でしたよ!!




トリは、常務取締役の南光師匠。

流暢な話しぶりですすんでいくストーリーはさすが。

でも南光師匠は、普段のトークに魅力があると思います。



多芸で個性のある米朝一門。 これからも楽しませてください。

« 旬のお土産が届きました | トップページ | 雨中のお客さん »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448399/74152752

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝一門会:

« 旬のお土産が届きました | トップページ | 雨中のお客さん »